パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

世界最小 65W AC アダプタ DART

丸文株式会社さんの製品ページ。以前クラウドファンディングサイトで見たような気がするが、実際に製品になって普通に販売されているとのこと。65W というと、ノート PC の AC アダプタとしてはそれなりの容量があるように思える。小生が 2-in-1 とかしか使っていないせいかもしれないが。手元 Dynabook V714 用のは 45W だった。充電しながらフルに使っても余裕がありそう。

さすがにデスクトップ PC の電源は、桁が一つ違ったりするが、省スペース系のだと 150W とかだったりする。この AC アダプタ2~3台で賄えるのなら、それもあり? そういや初代 XBox360 の巨大 AC アダプタは Over 200W だった。この AC アダプタ4台分と考えると、そんなにこの DART 小さくない?

個人的には、出張の時持ち歩いている上記 45W の AC アダプタが、ここまで小さくできるならメリットはある。ただ、この形状は、あまり良くない気もしたり。壁のコンセントに挿すと、かなり出っ張る感じがする。100円ショップで売っているような、短い延長コードとか、マルチタップとか挟みたくなりそう。まぁ、マルチタップも出張時には持ち歩いているから、荷物が小さくなる点では、デメリット無しかな。USB 2.1A の口もケーブルの途中に付いているのはいい感じ。使い所はある。

ただし、余りに価格が高い気がする。変換効率も高いそうなので、発熱も少ないのだろうか。MS SurafacePro や SurfaceBook にも対応していれば、多少の投資も考えなくないが、ちょっと今は厳しいかな。あ、でも USB-C にさえ対応していれば、今後は大丈夫な世の中になっていくのだろうか。

後、普通の AC アダプタとの比較写真があるが、DART の方は、DART→PC へのケーブルが写ってないのに、比較相手はケーブルも写してある。AC アダプタ自体の体積が数倍あったとしても、これらのケーブルも一緒に必ず持ち歩くのなら、その重量比、容積比みたいなものは、それほどの差じゃなかったりして。

それでもほしいけど。もう少し安ければ…