読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

xbox360 再々修理

以前、拙宅の XBox360 に RRoD が出てしまって、それを熱暴走させることで回復することができた。が、その後ゲーム途中で固まるようになってしまった。そこで、もう一度 XBox360 をばらして、グリスの塗り直しをやってみた。ところが RRoD で改善せず。そこで、すぐに Xbox360 をばらして、もう一度熱暴走させてみたら復活したが、その後 RidgeRacer6 をやっていると、1レース走り終わる前に固まってしまった。その後電源を入れなおすと RRoD 状態。ちょっとグリスをケチって薄く塗りすぎたかもしれない。とはいえ、熱暴走させている際は、ヒートシンクはかなり熱くはなっていたのだが。

ということで、皆さんがやっている、ヒートシンクのねじ止めをやってみた。たまたま?散歩中にロイヤルホームセンターがあったので、M5 10mm のねじ7本セットを二つと、5mm12mm のワッシャー16個入りをを一つ買ってきた。400円近くかかったような。かえさんの「私はゲーマーではない。」の記事を参考にヒートシンクを取り付けた。以前もいろいろな方のページを参考にさせていただいたが、フロントパネルの外し方とワッシャーの入れ方について書かれているこの記事はありがたい。

ワッシャーがずれないようにヒートシンクを取り付けるのは確かに難しい。小生は、ワッシャーを一個つけた状態のねじを基板の穴に通してセロテープで固定して、基板を裏返して、ワッシャーを二つずつ通して、その上にヒートシンクをのっけて、手でヒートシンクを抑えながらまた基板を裏返して、そーっとセロテープを外してねじを止める、みたいな作業を行った。

ねじをどれくらい締めればいいのかがわからないのが少々不安ではある。あまり強く締めるとコア欠けとかありそう。最初は電動ドライバーで締めるが、ある程度来たら、手動で締めつつ、あまり強く締めないように気を付けたり。気のせいか、ある程度締めると、ちょうどチップの裏あたりの基板が膨らんでいるようなそうでもないような…

という苦労の末、一応拙宅の XBox360 は復活した。RidgeRacer6 を 8 レースくらい走ったが、全く問題が無かったので、今後ある程度の期間は使えるんじゃないかと。ちなみに、今回も作業前に熱暴走させたので、この筐体は3回熱暴走させたことになる。その辺りで寿命を縮めているような気がしなくもなかったり。はてさて。