パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

Surface Pro 3 日本語版

ITmedia さんの記事。すでに海外では販売されているので、今更ではあるが、日本語で詳しいレビューが見られるのはありがたい。

やはり 3:2 の高解像度ディスプレイは評価が高い。これでこそ縦置きの意味があるように思える。16:9 の画面を縦にした時の縦長感はかなりのモノだと思う。短冊のようだ。自分だけかもしれないが。他社が追随することを望む。16:10 でも悪くはない。4:3 はちょっと正方形に近すぎて、それはそれで回転させる意味が薄かったり。16:9 でも、Windows でタスクバーを画面左か右に寄せて常時表示しても邪魔にならない、という点では利点だが、3:2 でもそれは良さそう。

上記の記事を見ると、唯一、ペンの精度の低さに言及されているのが気になる所。店頭で試した VAIO の N-Trig ペンはそんなにずれなかったように思う。WACOM な V714 のペンも個体差があるみたいだし、これも個体差なのかもしれない。小生の V714 もキャリブレーションをしっかりして、ペンの倒し角度を一定に保つようにできれば、画面右下端付近を除けば(条件が多いな)、結構な追随性能だ。実寸 7mm 罫線で文字を書くのもだいたいはストレスは無い。このレベルは無いと、小生の用途には使いづらいかなぁ。

CPU も Corei の Y シリーズではなく、U シリーズだし本当にノート PC のいらないタブレット PC になれる可能性がある。上記記事にはファンの音に関する言及が無いのが気にかかるが。とは言え、なかなか楽しみな機種だ。買えないけど。

Dynabook V714 の後継機種はまだ発表もされていない。かならずこの Surface Pro 3 を超えてくるものを用意していると信じているのだが。まぁ、まだ V714 は買い換えられないけどね。