パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

HDR Gaming Interest Group(HGIG)

av.watch.impress.co.jp

昔から非常に暗い所から明るい所まで表現しようという HDR は、かなり昔からあったが、最近、急に一般化してきたように思う。映像の高解像度化において、4K 辺りでそろそろ、そこまでいる?感が出てきたので、別の機能アップの方向性を出すためだろうか。

 ゲームでも、GPU の性能の急激な向上によって、RGB 8x3ビットで計算するのは、もう時代遅れで、内部的には、RGB 16ビット浮動小数点 x 3 とか、RGBE とか、32ビット浮動小数点 x 3 なものもあるかも。特に、物理的に正しく計算して映像を生成する PBR なんかも出てきて、最終、RGB 8x3 ビットに落とすにしても、内部的にはより多ビットで計算する必要性が高まっている。

本来は、そうやって、物理的に正しく計算した結果をそのまま表示装置(テレビとか)に送って、その通りに表示すれば一番いいのかもしれないが、現実的には、そうではない。そもそも表示装置の性能的に、そのまま表示できない場合もあるし、逆に、余り物理的に正確に表示すると、眩しすぎたり暗すぎたり、見ている人に悪影響があったりの問題がある場合も考えられる。

そういう意味も含めて、特定の基準を決めて、HDR な出力のゲームを安心してプレイできるようにするのは、価値ある事とは思える。逆に、その基準に合わせていけば、綺麗な映像を作りやすくなるのなら、ゲームメーカーもありがたいはず。

このグループには、まずは、ゲームメーカーが多く入っているだろうか。次は、ディスプレイも作っているメーカーさん。後は、スマホメーカーも多数入ってもらうことも必要に感じる。最近は、スマホでも HDR 対応し始めているし。

ゲームは、CG を使うことが多い。CG では、やろうと思えば、HDR の範囲をフルに活用したようなどんな映像をも作れてしまうので、より受け入れやすくて効果の高い HDR 映像を作れるようになるのは重要かな。

一応 HDR 対応 4K ディスプレイを使っているが、ソースが無いので、未だ HDR の凄さとか体験していないが、こういったグループ等で、より素晴らしい映像を体験できるようになるのが楽しみではある。

アクションカムでプール水中撮影

今日は大学の水泳部の OB・OG のための水泳大会だった。普通のプールでは、なかなか水中撮影する機会が無いので、アクションカメラ Q3H-2 を持ち込んで、自分のレースの際に、撮影してみた。

防水ケースにカメラを入れて沈めようとしたのだが、微妙に水に浮く比重のようだ。沈めてもだんだん浮かんでくる。そこで、その辺にあった、コースロープのテンションを調節するネジを回すハンドル(鉄製)を勝手に借りて、重りにしてみた。愛用の面ファスナーのテープを使って、防水ケースの脚の所にくくりつけて沈めた。

ちょうど自分のレースの前に、休憩があったので、その間に仕込み。スタート台の真下に沈めて、最後、帰ってきてゴールする寸前くらいを狙う。バッテリーもメモリーカードも余力があるので、事前に録画はスタートしておいた。

で、実際、撮影した結果を見てみたのだが、思っていたより水の透明度が低く、余り先の方は写っていないが、まあ、かろうじて 10m 弱は写っている感じ。自分の泳ぎの下手くそさが良く分かる撮影ができた…

アクションカメラ、使いこなせると、まだまだ楽しい事ができそうだ。

f:id:umonist:20180817151049p:plain

100m自由形水中撮影 Q3H-2

 

NVidia Turing アーキテクチャの GPU 搭載 Quadro RTX 発表

pc.watch.impress.co.jp

えらく色々な記事で煽られているが、新アーキテクチャGPUNVidia から発表された。これまでの GPU に、Deep Learning 用の回路と、Ray Tracing 用の回路を追加で搭載しているのが大きいポイントか。

続きを読む