読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

@nifty IPV6 接続オプション 申し込んでみた

拙宅では、フレッツ光ネクストの回線で、@niftyをプロバイダとして使っている。最近、深夜前後のアクセス速度がかなり遅いのが気になっている。そこで、IPV6 通信を使う V6 プラスを @nifty に申し込んでみた。のだが、申込手順を間違えたのか、IPV6 接続オプションの方になっているようだ。V6 プラスの方だと、IPV4 の通信も速くなる可能性があるようだが、とりあえずはいいか。一応 V6 プラスへの切替方法は問い合わせしつつ、現状を確認している所…

夜に申し込んで、次の日(の朝?)には、IPV6 の通信が出来ていたようだ。手元のタブレット PC Dynabook V714 の Windows10 で、ipconfig してみると、IPV6 のアドレスが割り振られていた。で、IPV6 で接続しているか確認するサイトをブラウザ(Chrome を使った)で開くと、無事、IPV6 で接続されていることがわかった。

ここで初めて気付いたのだが、コマンドプロンプトで、ipconfig した際に、その PC の IPv6 アドレスが二つ表示される。片方は、頭に 一時 とついた IPv6 アドレス。上記の IPV6 確認サイトで、IPV6 アドレスも表示されるのだが、一時の付いた方のアドレスだった。調べてみると、固定の IPV6 アドレスでアクセスしてしまうとプライバシーやセキュリティー的に良くないので、匿名的なアドレスとして、一時 IPv6 アドレスを使ってアクセスするらしい。時々変化するのかな?

IIJ さんが、IPV6 用の速度計測サイトを運営されているようなので、ありがたく速度を測ってみた。190Mbps くらい出た。なかなか速い。その時、speedtest.net さんの方で、速度を測ってみると 3Mbps 程度という悲しい状況だった。IPV6 すげえ、的な状況。5~6倍の速度差がある。ただ、普通のフレッツ光ネクストでも、IPV6 なら 1Gbps の帯域が使えるらしいので、もう少し速くてもいいのかな、とか思っていたり。

Chrome に、現在の接続が IPV4 か V6 かがわかる拡張機能を入れて、色々アクセスしてみた。Youtube のページが、最初 IPV4 でのアクセスになって残念だなぁと思ったが、アドレスバーに URL を入れ直してみると、IPV6 での接続になった。DNS を一度引きなおすのがひつようだったっぽい。IPV4 の時より途中での引っ掛かりもなく結構再生が軽くなった印象がある。これだけでも IPV6 の価値はあるかも? 動画関係だと Amazon ビデオは、IPV4 のみのようだ。

V6 プラスにすると、IPV4 の方も恩恵を受ける可能性があるらしい。なんとか切り替えたい所。

さっきもう一度 IIJ さんで測り直したら、215Mbps 出た! 空いている時間帯ならもっと行くかも…

歩き回れる VR セット HTC LINK

Impress さんの記事。HTC さんは、VIVE だけでなく、こういった廉価版?も出すようだ。といっても仮想空間を歩き回れる独立(ワイヤレス?)型の VR 機器として考えると、結構ユニークな製品である。

HTC のスマホ U11 と組み合わせて使うというのが、Samsung の GearVR のようだが、こちらは画面も電源も HMD 側で持っているし、高性能な CPU も搭載しているとか。U11 の役割はなんだろう。レンダリングや、カメラ画像の解析は、U11 が頑張るのか。レンダリングは、HMD 側でやるなら、U11 はカメラ画像解析とハンドコントローラの対応とか?

そういえば、ステレオカメラの映像は、どうやって U11 か HMD に送るのだろう。Wifi だろうか。ここが有線だとちょっと悲しい。ポジションの取得は、HMD や ハンドルコントローラの LED ランプの光をステレオカメラで撮影して解析するっぽい。PSVR に近い。動き回れる、と謳っているということは、ステレオカメラは、結構広い範囲で、HMD やハンドルコントローラのマーカーを追跡できるものなんだろう。

まだ、あまりに出てきている情報が少ないので、どれくらい凄いのかが見えてこないが、U11 でしか使えないのなら、U11 に機種変するしか無いだろうか。GalaxyS8 に傾いているのだが、悩ましい所。

SurfacePro へのモバイルバッテリーからの給電

Microsoft SurfacePro シリーズでは、独自の Surface Connect という端子で電源を供給する。通常は、それに対応した AC アダプタを使って給電し、本体を稼働させたりバッテリーを充電したりする。ただ、AC コンセントが無い場合にどうしたらいいか、という問題がある。

自分が所有者では無いので、それほど真剣には探していないが、いくつか方法があることはあるらしい。一つは、AC 出力付きのモバイルバッテリーを使う方法。確実といえば確実な方法。モバイルバッテリー携行時も AC アダプタも持っていないといけない問題はある。もう一つ、電力を直流→交流→直流に、しかも電圧を変えながら変換する必要があるということ。これはかなり無駄に電力を消費しそうである。

別の方法としては、Surface Connect に対応したケーブルを使うというものがある。実際売られていたことがあるらしい(ガジェ鉄さんの記事)。現在入手できるのか不明だが。あきばお~さんのサイトでは、カーシガレットから変換するケーブルは現在もある。これを加工して使うのもありか。同様に、付属品として Surface Connect へのケーブルが付いたモバイルバッテリーも存在するらしい、が、見つけられていない。

後は、Surface ドックを使う手もありそう。ドックには、Surface Connect では無い、外部 AC アダプタ接続端子がある。ちょっと変わった同軸系のコネクタだが、色々な端子が使えるバッテリーなら対応しているかもしれない。

純正 AC アダプターのケーブルを切断して、途中にモバイルバッテリーが接続できるように加工するのが一番簡単かな。保証は当然効かなくなるが。

hp ハイスペック 2-in-1 Spectre x2 12-c012dx

Impress さんの記事。意図してかどうかはわからないが、MS New Surface Pro と同じ日に、hp から同様の新製品が発表されたようだ。画面の解像度が一回り高い(SurfaceBook 並)なのが、ポイントか。USB-C もちゃんと搭載している。

Iris Plus Graphics が、650 か 640 か、記事によって違うが、Corei7-7560U だとすると 640 ぽい。650 なら 7567U とかのはず。まぁ、650 と 640 で、微妙にクロックが違うだけと想像するが。Intel
さんのサイトのスペック表だと、ブースト時の GPU クロックが 1.05 と 1.15Ghz の違いのみ。ちなみに 7567U なら、ブースト時 4GHz という、2-in-1 とは思えない大台のクロックになるが、さすがに厳しいかな。


重さが 1.13kg ということで、SurfacePro に比べると結構重い。底面積は、1~2mm 程度 hp が大きく、厚みは SurfacePro 8.5cm に対して Spectre 1.32cm と結構厚い。これを考えると、SurfacePro のコンパクトに凝縮する技術はかなりレベルが高いように思われる。重さがキーボード込だったりすると、また変わってくるが。SurfacePro のキーボードカバーは 310g。Corei7 モデルが 784g なので、ほぼ同等になるがどうだろう?

microSD カードスロットはついているのも同等か。SurfacePro とは違って、メモリや CPU、SSD のスペックは1種類なんだろうか。8GB、7650U、360GB と、CPU 以外は、そこそこの所で抑えているが、その分やすいと魅力的かも。やっぱり WiGig 非対応なのは残念。WiGigドック出している hp なのにな。

ということでもう少し他社製品の様子を見るべきか。Iris 搭載モデルが SurfacePro 以外にも出てきているのはいい傾向だ、とか。

MS New Surface Pro

Impress さんの記事。噂通り新しい Suraface Pro が発表された。いきなり書くが、今回も WiGig 搭載は見送りなのは残念。その代り?、ペンがパワーアップしたとのこと。傾き検知機能が付いた。実はここのところが結構ポイント高いのではないだろうか。iPad Pro のような書き味を Surface Pro でもできるということかな。

遅延が少ないとのことだが、21ms もあるのか。1/50 sec 以上。ディスプレイの fps よりも遅かったとは。少なくなってこれだと、以前はもっと大きかったと考えると、今更ながら酷いシステムを使わされていたのか。これでは、さすがに紙と鉛筆には程遠いような。

それはさておき、Iris Plus Graphics 搭載モデルがあるのがうれしい。2-in-1 用の CPU ではなくて 1 ランク上の CPU を搭載しているし。それでいて、Corei5 以下のモデルではファンレスとは。かなり画期的な排熱機構を使っているのだろうか。まぁ、個人的には、Corei7 モデルを選ぶだろうが。

その他外観は、Surface Pro 4 を継承している。相変わらず USB-C は搭載せず、ディスプレイ出力が miniDisplayPort なのはどうか、と思ったり。Surface Pro シリーズを使い続けている人向けなんだろうか。

microSDXC スロットがあるのは、無いよりかはましかな。Surface Dial が使えるのは楽しそう。あと、電源供給のコネクタSurface Connect なのは、ちょっと面倒か。モバイルバッテリーを接続する方法を悩まないといけない? ビデオ再生 13.5 時間とか言っているので、それほど必要ではないかもしれないが。

相変わらず魅力的な製品になっていると思う。そろそろ買い替えるかなぁ。

 

単眼動画からの自動ボーン抽出 「OpenPose」

Impress さんの記事。詳細は良くわからないが、その記事で紹介されている動画等は、本当に素晴らしいように見える。どれくらいの性能の PC であればリアルタイムでここまで姿勢推定や顔(パーツ)位置推定ができるのだろうか。

テストのため、というかこの OpenPose の優秀性を見せるためか、わざわざ大きい本を持っていても、きちんと OpenPose が姿勢推定出来ているのを示せているのも凄い。顔の輪郭や、顔の各パーツの輪郭も綺麗に安定して抽出出来ている。単眼視でここまでなのは感動的だ。

手法としては、ディープラーニングを使っているそうな。どういうニューラルネットを組んで、どんなデータで学習させたのかは気になる所。ただ、機械学習系と言うことは、人間が見て、それっぽい納得がいく結果が出せているだけで、物理的には余り正しくない結果が出ている可能性があるのはちょっと気がかり。まぁ、人間の認識は結構優秀ではあるようなので、それを真似れた結果が出せるなら大概は十分かもしれない。

そこそこのスペックの PC(やスマホでも?)動くなら、色んな応用が一気に広がりそうな気もする。商用利用時のライセンスとかどうなっているのかな。

ハンドスピナー その後

先日購入したハンドスピナーだが、もっと滑りを良くしようと自転車の油を差してみたら、逆に回転が悪くなってしまった。やっぱりちゃんとしたベアリング用のオイルが必要だったか… 1分間も回り続ければいい方、な程度になってちょっと残念。もっと精度の高くて価格も高いやつが欲しくなってしまう… しばらくは我慢するが。

結構、うちの息子がしばらく楽しそうにいじっていて、微妙に不思議感のある動画が撮れたので、公開してみようっと。デジカメの 480fps で撮影してみたら、たいして凄いことは起きていないのがわかったが、最初に見た時は、へぇ、と思った。実は、ちょっとやり方を変えるだけで、すり抜けなくて、引っかかるようにもできるのだが、それを撮影するのは少しむずかしいかな。

ほんまかなーと思うが、この GIZMODO さんの記事のハンドスピナーでベースを弾くのも興味深い。

ということで、ハンドスピナー色々楽しめる。