パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

東芝メモリ 96層3D NAND SSD 「XG6」シリーズ

エルミタージュ秋葉原さんの記事SSD もまだまだ大容量化しているのだな、というニュース。

 96層はサムスンさんや Micron さんも開発を進めているはずだが、東芝メモリさんが最初に製品を出してきた感じだろうか。M2 2280 のサイズで、256GB、512GB、1TB のモデルがあるそうな。NVMe で 3GB を超える転送速度。かなりハイエンドなスペック。クライアント向け、って良くわからないが、一般向けに販売されるらしい。

話は少し変わって、久々に SSD の価格を見てみたら、想像以上に下がっていた。思っていた 256GB の価格が 512GB の価格になっている、みたいな。512GB で1.2 万円とか。まあ SATA 接続の製品ではあるが。2台買って RAID 1TB でも 3 万円かからない感じか。安くなっているなぁ。

ただ、ノート PC 向けはともかく、デスクトップ向けには、システムドライブを SSD にするだけなら、そこまでの容量はいらないなぁ。結構アプリをインストールする人でも、256GB あれば大抵大丈夫なような。もちろん、データ用の HDD を別に用意している場合ではあるが。

1TB あっても一般家庭なら、何につかうのだろう。写真とか動画を蓄積するなら、HDD の方がいいだろうし、クラウド上に保存しちゃう手もある。動画編集とかばりばりやる人は少ないだろうし。

TV ゲーム機や PC ゲーム用には、いいかもしれない。最近のゲームはどんどんデータの容量が増えて重くなっている。結構なんどもロードしてくるし。1TB も、読み込みのために展開して置いておいたりすると、それほど余裕な容量ではないかも。VR が流行って、VR 映画も見るのもほとんどゲームと同じになるなら、これくらいは PC(VR 再生機?)に必要になるかも。はてさて。

 

Crucial SSD 500GB MX500 内蔵2.5インチ 7mm (9.5mmアダプター付) CT500MX500SSD1/JP