パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

Microsoft Project Kinect for Azure 発表

ITmedia さんの記事。なかなか興味深いデバイスMicrosoft さんが発表した。深度センサと加速度センサーが搭載されているとのこと。といっても、これまでの Kinect/2 とは違って、それだけで製品になるものではなくて、何かに組み込むためのキットらしい。

ここでの Azure AI や Intelligent Edge のキーワードは、小生良く理解できていない。 Azure AI は、AI 特に deep learning を使うプラットフォーム的なもので、Azure のクラウドも活用しちゃうぞ、というものだろうか。昨今流行っているニューラルネットワークを実際に色々なデータに対して適用したシステムを組めるぽい。そのためのデータ入力デバイスの一つとして、この Kinect for Azure があるのかな。Intelligent Edge は Azure AI の中で、外界と接する部分で、そこにも AI が入っているという概念だろうか。

それはさておき、レーザー照射部が、近距離、遠距離の二つついているのが、なかなか面白い。Intel の RealSense だと、近距離用と遠距離用は違う製品に分かれているが、1台でカバーできるなら言うことはない。というか、実際に使う場合には、できるだけ広い範囲の外界の情報を正確に取得できるべきではある。これらは、基本交互に光らせて使うのだろうか。用途ごとに切り替えるのかもしれない。受光するセンサとレンズは一つなので、レーザーがどういう距離によるチューニングになっているのかは気になるところ。近距離は、広く弱く、遠距離は、狭く強く、みたいな感じなのだろうか。

ASUS の Xtion2 もそうだが、PrimeSense が Apple に買収されたせいか、ToF 方式の深度センサーが多くなってきているような気がする。この Kinect for Azure がどんな性能なのか、気になるところ。Microsoft さんは、一般の人でもそれなりい開発できる SDK を整備してくれるのがありがたい。色々な応用例が出てくるのが楽しみである。

そう言えば、普通のカラーカメラは搭載しないのか。一般のカラーカメラモジュールと組み合わせた方がいいということかも。スマホ用とか、かなり進化したものがあるわけだし。