パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

Samsung 高耐久microSDカード 「Samsung PRO Endurance」

Impress さんの記事。以前から高耐久性を謳う SD カードが出てきている。それなりにニーズがあるということなんだろう。デジカメやスマホで撮影した思い出の写真や動画は、当人にとっては消えてほしくないデータの筆頭ではる。

microSD カードは、その物理的大きさ、形状的に、かなり脆弱な印象を受ける。床に落ちているのを踏んだだけで、ぱきっと行ってしまいそうではある。逆に小さいので、壊れにくいかもしれないが。ある程度柔らかくして折れにくくした方が強くなるだろうか。

データが消えにくいようにと、SLC とは言わないまでも MLC で、容量小さめかと思いきや、128GB モデルもあるとは結構高容量。3D NAND で、1 セルの容量を稼いでいそうだが、特に何もかかれていないな。構造的な違いとか、結構興味があるのだが、どこかで説明されているのかな。ちょっと見つけられていない。

X線というのも、普通のものと何を変えているのだろう。一枚シールドが入っていたりするのだろうか。もしくは、筐体全体を覆っているプラスチックの素材が、X 線を通しにくいものを使っているのか。空港とかで X 線で荷物検査とかしたら、microSD の形の影が沢山写っていたら面白いが。

防磁性も高いらしい。やっぱりプラスチックの素材か、何かシールド的なものを入れているような感じだが。流石に大きい磁気変動を受けると、まずいんだろうな。ネオジム磁石にくっつけてもデータは消えないレベルかな。

読み書き速度とかはよくベンチマークされるが、この辺りの耐久性のチェックは、各 IT メディアの方々でも厳しいかも。X 線を当てるのもそう簡単ではないような。病院に行けば、レントゲン撮影装置は良く見かけるが、高いんだろうなぁ。強度的にテストにあっているのかはわからないが、日常で浴びる X 線の典型としてはあってそう。

これで、普通の microSD との差がどれくらいでるのかが、見てみたい。格段に違いがあるのか、逆に高耐久を謳って無くても結構耐久性の高い製品もあったりして。お値段なりの違いがあっては欲しいが。はてさて。