パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

ポータブル GPU ボックス Sonnet「eGFX Breakaway Puck」

hermitage akihabara さんの記事。昔からたまに出ていたノート PC 用、外付け GPU ボックス。高速な接続ができる Thunderbolt3 の普及により、色々製品が多くなってきているようだ。この eGFX Breakaway Puck は、かなり実用性を感じる製品。
ポイントは、筐体がこれまでのものに比べて小さいこと。デスクトップ用のビデオカードが使えるようにする GPU ボックスばかりで、デスクトップ PC の半分とか 1/3 くらいの大きさのものが多かった。この製品は、ビデオカードの交換や互換性にこだわらず、単体で外付け GPU を追加できることを目指していて、小ささを実現している。
とは言え、RadeonRX560 モデルで 1.88Kg, 570 モデルで 2.38Kg は、あまり持ち歩く気にはなりにくいレベル。パッケージの重さということで、実際に持ち歩くのは、もう少し軽いのかもしれないが。本体と AC アダプタが多くの割合を占めているように思う。大きさはともかく、もう少し軽くするのは無理だろうか。やはり結構な容量の電源を搭載しないといけないので、仕方ないのかもしれない。
VESA 仕様で、ディスプレイの裏に固定できるパーツもあるとのこと。以前も書いたことがあるが、GPU はディスプレイに搭載すべき、というのに近い構成になる。ディスプレイの解像度に合わせた GPU を搭載すれば、どのディスプレイでも、それなりに同じような経験が得られる…のは難しいかな。
449ドルや599ドルということで、単体のビデオカードを考えると1段以上高い訳だが、ノート PC をパワーアップできるなら、価値はありそうに思う。後は、単体ビデオカードとの性能差がどのくらいあるかだろうか。ベンチマークとか興味がある。