パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

HDR

gamesindustry.biz さんの記事。面白い記事を教えてもらったのでメモっておく。新技術で、良くなっているはずなのに逆にそうは見えない場合があるという、一つの例か。HDR で非常に明るい部分と暗い部分が同居する画面での、その差を表現する能力が大きくなったのだが、そういうのが重要が映像でないと価値がわからない、と。SDR(LDR?)の方が明るくくっきり見えたりする場合もある。

一応、HDR になって RGB のビット数が増えて、表現できる色の種類も増えたのだが、いうほど bit 数も増えていないし、それこそ、明るさの最大値と最小値の差が大きくなって、細かい部分の表現力が下がっていやしないかと不安になったり。たった 10bit だし。一度しっかりそのあたり調べてみないといけないのかも。

明るさの絶対値方式の HDR フォーマットもちょっと疑問。人間の視覚なんて相対的なもので、メリットは無いような気がしたり。周囲の明るさの影響を受けそう。VR 用の HMD みたいなものなら価値は上がるかな。でも、普通のディスプレイでも、真ん中が真っ白で、周囲もぼやっと明るくなっている画像を見るだけで、非常に明るいと錯覚してしまうのは小生だけだろうか。

中途半端に、少しだけ強化した HDR フォーマットよりも、RGB 16bit float な信号を表示するディスプレイとかあっても面白そうなんだけどな。