読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

AMD CPU RYZEN7 発売

hard

マイナビさんの記事。これはかなりマニアックな記事である。Intel の Corei7 7700K や 6950X とかなり細かいところまで比較して、そのデータについて、逐一説明が付いている。この記事だけで 7 杯はご飯が食べられそうだ。

結論としては、絶対的性能では、未だ Corei7 に敵わないところはあるが、結構拮抗していて、消費電力も価格も低いので、小生のような貧乏人が、ハイエンドの計算パワーを手に入れるには最適な CPU という感じか。本当の最高速が欲しければ、シングルスレッドなら Corei7 7700K、マルチスレッドなら… コア数とメモリ帯域がバケモノの 6950X を選ぶのかもしれない。平均的に優等生なのが RYZEN7 だろうか。とは言え、ところどころ弱点があるのが…

これまで、スペックは凄いのに、実際の性能では Intel に引き離されていた AMD 社の CPU だが、今回は本当にコストパフォーマンスで殴り込みを掛けた感がある。特に、上記の記事では、キャッシュの性能が上がっているのが個人的に嬉しかったり。計算能力のスペックが高くても、データやコードを持ってくる性能がが低いのが足かせになっていたように思う。

一時期、Intel のプロセス技術が、他社より2歩くらい進んでいて、いくら設計で頑張っても…みたいな時期があったが、プロセスの微細化が限界に近づいて、かつフィントランジスタがどのメーカーでも普通に使えるようになって、そこでの差がかなり縮まったのが、RYZEN の躍進の一つの要素だろう。AMD ファンの小生には、Intel さんには、悔しいながらももっと突っ走って欲しい所だが、物理的な壁は如何とも。そういう意味では、世界全体としては AMD CPU の躍進は、限界が見えてきた兆しだったりして。シンギュラリティを迎えるまで、限界に到達しないで欲しい所。

ちなみに、上記記事では、4枚の DIMM でテストされているが、なんか DIMM の枚数で、DIMM の推奨転送レートが変わるとかいう記事もあるのので、最高速度は出ているのかはちょっと気になる。ちゃんとしたマザーと DIMM を使えば、4枚の DIMM でも最高速度が出せるということか。

16 スレッドなんて、CG レンダリングとか動画エンコードとか物理シミュレーションとか画像処理の目的で PC を使う人以外はあんまり恩恵を授かれないかも。小生は、割とこの辺多用しているが。後、認識系や AI 関係も嬉しいのかな。

Corei7 と違って、動画コーデックが入っていないのがちょっと残念。この辺りは、RadeonRX シリーズ辺りと組み合わせて、低価格でそつのない PC を組むのが良さそう。一台組みたくなってきたなぁ。