読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

TOSHIBA 未発表の 2-in-1

hard

Impress さんの記事東芝さんの 2-in-1 Dynabook V714 を愛用している小生には、なかなか気になる記事である。基本的には、マイクロソフトのイベント内の展示だそうだが、なかなかに興味を惹かれる。

パット見は、普通の薄型ノート PC といった感じだが、写真内の説明によるとデタッチャブルだそうな。要するに画面部分が、キーボード部分から外れると。結構ヒンジ部分に寄った写真もあるのだが、どこから分離するのか良くわからない。既存の dynabook KIRA L93 のような、独特なキーボードの途中で分離する パターンでも無いっぽい。なんとなく、ヒンジはディスプレイ側にくっつくように見える。これまた独特。

ただ、他の写真だと、Lenovo の Yoga みたいに 360度ヒンジでディスプレイが回転するような説明になっている。だが、ヒンジ部の拡大写真だと、それは難しそうな構造だが。もしかして2種類の機種があるのか、それとも写真からでは良くわからない謎の構造になっているのだろうか。

V714 の優位点?の一つに、ノングレアな(フィルムを貼った)ディスプレイがある。画質には良くないらしいが、ペンのかき心地の良さに一役買っているらしい。小生は、フィルムなしと書き比べたことが無いので、なんとも言えないのだが。で、この新型 2-in-1 も、写真を見るとノングレアっぽい。ペンでの書き味を重視しているのだろうか。ペン大好きな小生としてはこれは嬉しい所。

ただ、画面の上下の余白部分がかなり広めなのが気になる所。割りと奥行きのある筐体で、画面は 16:9 ということか。最近の 2-in-1 PC は、SurfacePro の流れで、3:2 とか、結構縦を伸ばした画面にしてきているのにな。電子書籍(特にコミック)を見開きで見るには、その方が都合が良さそうだし。

はっきりいって、V714 はかなりデザイン的にいけてない機種だったが、この新機種は、奇をてらっていないが薄型で良さそうな印象。年内には発表されそうだが、気になる製品だ。

デタッチャブルは何かの間違いかなぁ…