読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

microUSB コネクタ 改良?

小生の使っているスマートフォン au HTL23 の microUSB 端子は、結構 microUSB ケーブルを選ぶ。しっかり固定されるケーブルはなかなか無かったりする。microUSB ケーブルを挿したまま、ズボンの後ろポケットに入れて椅子に座ったりして、何本の microUSB ケーブルを駄目にしたことか。恐らくそのせいで、HTL23 の microUSB 差込口も緩くなっているのではないだろうか。ただ、しっかり刺さって固定できるケーブルもあって良くわからない。mircoUSB プラグのラッチの爪がしっかり飛び出しているとか? 中央の穴が小さめでピッタリとか?

最近、知ったのだが緩い microUSB プラグのラッチの爪のある反対面にセロハンテープ等を貼り付けると、microUSB 差し込み穴にしっかり刺さるという話。ということで実際やってみると、驚くほど(は言い過ぎか)ゆるゆるだったのが改善される。ケーブルの自重だけで抜けてしまうような microUSB プラグも、そこそこしっかり固定されるようになる。嬉しがって、3本ほどこの加工をしてみた。

8月に購入した、先が L 字になっているケーブルも、買ってすぐに冒頭に書いた状況で、プラグの金属部分が斜めになってしまって、固定も緩くなっていたのが、このテープ作戦で、結構いい感じにはなった。のだが、調子に乗って使っているうちに、プラグの金属部分に裂け目ができて、完全に使えなくなってしまった。しっかり固定されすぎて、別の場所に力が集中して壊れてしまったらしい。900円近かったのに、短い生涯だった。

意外に、表裏なく挿せる USB ケーブルが結構しっかりロックされる印象がある。ちょっと無理して刺さる分、しっかりと固定されるのだろうか。ただ、あまり充電専用ケーブルほどは大電流が流れないようで、完璧では無い。まぁ、抜けないだけでもいいかも。

そういや、新しい USB-C なコネクタは、ラッチの爪的なものは無いっぽいので、固定度合いはどうなんだろうか。Apple の Lightning 端子も、普通もものはラッチ機構は無い。まぁ、実用上問題がないということは、大丈夫ということだろうか。

というか、やっぱり充電や通信は無線になるべきかな、と、使えなくなったケーブルを見ながら思う今日この頃。ただ、パンツの前のポケットにモバイルバッテリーを入れて、後ろポケットのスマホに充電しつつ歩く、というのが難しい? そんなことをするから microUSB ケーブルを壊すわけだが…