パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

LavieJ ファンを外した

自宅サーバーとして NEC の軽量薄型ノート PC Lavie J を使っている。以前オークションで手に入れた同様の中古品と2個1にして、その後、USB メモリ RAID を組んだりトラブルもあるにせよ、快適に動いているのだが、最近困るのが、ファンの音。普段は回ることは無くて、時々忘れていたかのように金切り声をあげる。夜寝ている時にこの音が聞こえると安眠が妨害される。なので、新しい PC に代替えしようと思いつつも、すぐに代わりの PC が用意できるわけでなし。

昨晩、寝入りばなをこのファン音で起こされて、あまりにいらだったので、強引だが、ファンを取っ払うことにした。ということで、ごそごそ起きだして、CentOS をシャットダウンし、裏蓋を開けて、キーボードを外して、ファンのケーブルを抜いた。ファン自体は取り外すのが面倒なので、そのまま置いておくことにした。その後、普通に CentOS も起動できたし、ほぼ丸一日たったが今の所は無事に動いている。これから暑い夏がきて、ファン無しで熱暴走しないかは、不安のある所。早めに大体の PC を手に入れたい。安いノート PC の中古でも探すかな。ちなみに、以前、熱対策として、拡張メモリスロットの蓋を外した所や、内部にもまず貼る一番を貼ってある。意味があるのか不明だが。

ちなみに、CentOSuptime を見てみると 452 日間と出た。起動時の fsck でも、452 日間ノーチェック、というメッセージが。一年半弱、再起動せず動いてきたのか... 結構安定しているもんだなぁ。Windows だと絶対無理な気がしたり。Linux 様々。