パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

太陽光発電 自立運転 テスト

こういうご時世なので、いざという時に役に立つかもしれない太陽光発電システムが気になる。拙宅も無理やり(屋根的に効率が良くない)ソーラーパネル等々設置している。ただ、本当に停電になった際に使えるかどうか、今まで試したことが無かったので、ちょっとやってみた。

拙宅のシステムはシャープ製。リビングの壁にリモコンが付いていて、その下に、自立運転時用のコンセントが付いている。テスト当日は春の晴天で気持ちのいい日中。2KW/h レベルの発電が行われていて、雲も見えず、しばらくその状態が続きそうな天候。

テスト用に数百 W を消費して、動作状況がよくわかって、コンセントのそばに持ってくるのが楽な物..とか考えたがなかなか思いつかず。後から思えば、長めの延長コードでも用意して、リビングの液晶テレビでも映せば面白かったか。それはさておき、テスト用に選んだのは、先日購入したカーボンヒータ。動作中はヒータが赤く光る(LEDも点灯する)ので状況が分かりやすく、持ち運びも簡単。適度に負荷もある(300W)。もうそろそろ押入れ行きのところを引っ張り出した。

まず、系統連系/自立を切り替え。なんか一発では切り替わらず何度か押したり。反応が遅かっただけかも。その後、動作開始開始スイッチを押すと、通電し始めた。カーボンヒータがほかほかと赤く光る。リモコンのパネルの表示を見ると、発電量が 0.29W とか。使う電力分しか発電しないのだろうか。晴天であれば、携帯や PC 充電には十分使えそうだ。

その後、動作を停止して、系統連系に戻した。スイッチボタンを押してから、通常の系統連系運転状態に戻るのに思ったより時間がかかった。なんか操作を間違ってやばい状態に陥ったかと思ったが、しばらくすると戻ってほっとした。

とりあえず設置してから2年以上経ったが、ちゃんと使えるということで安心。まぁ、いざとういう状況が起きないのが一番なのだが。

[rakuten:kagustyle:10000805:detail]