パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

古い PC へのインストール 2

ひとまず Win7 のインストールは終わったのだが、色々認識していないハードウェアがある。一番致命的なのは、ネットワークアダプタ。ちょっとググったところ、XP 用の最新のドライバが使えそう、ということでやってみたらうまくいった。ひとまずこれで、後の作業が楽になる。LAN 接続こそ今の PC の生命線だ。
次なる問題は、USB オーディオアダプタの UA-30 が認識されない。内蔵のサウンドも駄目、で音が出ない。なんか UA-30 は、一度外して挿しなおしたら認識された。なんか変な状態になっていたのかな。が、Realtek AC97 Audio うんぬんとなっている内蔵の方は色々試したが、未だびっくりマークが外れず。

もう一つ重大なのがグラフィックボード。AGP 版の Radeon HD3650 だが、まずは、最新の CatalystAGP HotFix をダウンロードして入れてみた。XP の時と同じように怪しい HD2600 のカードと認識された。XP の時はそれで問題なく動いていたのだが、今回は、びっくりマーク付きでだめ。Windows エクスピリエンス インデックスは 1.0 とか。まぁ、標準 VGA なんで。

ドライバの自動更新してみると、HD3600 シリーズが出てきてやった、という感じで再起動してみたがやっぱりびっくりマーク状態。XP の時は、SiSAGP のドライバを入れていた気がするので、それを入れてみる。もちろん Win7 用なんてものは用意されていないので、XP 用のを。

再起動時に Win7 ブート中にリブート。修復して Win7 が立ち上がった(修復の過程はそれはそれで面白かったが。セーフモード?みたいな特別な状態で起動して、色々自動で原因を探ってくれるようだ)。

で、SiSAGP のドライバらしいものを、自動更新してみると新しいバージョン?がダウンロードされきた。再起動後、おぉ、HD3600 シリーズのドライバがきちんと動いていた。すばらしい。でも エアロは有効になっていない。ちょと??

Windows エクスピリエンス インデックスを出してみると、グラフィックスは 1.0、ゲーム用グラフィックスは 6.1 とか。どういうことやねん。で、一回再起動してやり直してみたら、グラフィックスの方も 4.8 になって、エアロも有効になった。

というところで一段落。まだ内蔵オーディオの問題は残っているが。こんなに苦労するのは、古い PC だからか。職場の PC は、ほおっておいたら、インストールは問題なく終わっていたり(なんとなく、SATA のドライバは Intel Matrix Strage の最新版を入れなおしたが)。PC 新しくするかなぁ。

ちなみに、Windows エクスピリエンス インデックスで一番低いのが CPU で 3.1。悲しい。

そういや、PCISATA カード挿してそこにつないだ HDD に Win7 インストールしたのだが、そこでひっかかる事はなかった。何もせずとも通しだった。内蔵の IDE より軽快だし。