パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

Microsoft Project Kinect for Azure 発表

ITmedia さんの記事。なかなか興味深いデバイスMicrosoft さんが発表した。深度センサと加速度センサーが搭載されているとのこと。といっても、これまでの Kinect/2 とは違って、それだけで製品になるものではなくて、何かに組み込むためのキットらしい。

ここでの Azure AI や Intelligent Edge のキーワードは、小生良く理解できていない。 Azure AI は、AI 特に deep learning を使うプラットフォーム的なもので、Azure のクラウドも活用しちゃうぞ、というものだろうか。昨今流行っているニューラルネットワークを実際に色々なデータに対して適用したシステムを組めるぽい。そのためのデータ入力デバイスの一つとして、この Kinect for Azure があるのかな。Intelligent Edge は Azure AI の中で、外界と接する部分で、そこにも AI が入っているという概念だろうか。

それはさておき、レーザー照射部が、近距離、遠距離の二つついているのが、なかなか面白い。Intel の RealSense だと、近距離用と遠距離用は違う製品に分かれているが、1台でカバーできるなら言うことはない。というか、実際に使う場合には、できるだけ広い範囲の外界の情報を正確に取得できるべきではある。これらは、基本交互に光らせて使うのだろうか。用途ごとに切り替えるのかもしれない。受光するセンサとレンズは一つなので、レーザーがどういう距離によるチューニングになっているのかは気になるところ。近距離は、広く弱く、遠距離は、狭く強く、みたいな感じなのだろうか。

ASUS の Xtion2 もそうだが、PrimeSense が Apple に買収されたせいか、ToF 方式の深度センサーが多くなってきているような気がする。この Kinect for Azure がどんな性能なのか、気になるところ。Microsoft さんは、一般の人でもそれなりい開発できる SDK を整備してくれるのがありがたい。色々な応用例が出てくるのが楽しみである。

そう言えば、普通のカラーカメラは搭載しないのか。一般のカラーカメラモジュールと組み合わせた方がいいということかも。スマホ用とか、かなり進化したものがあるわけだし。

AMD マザーボード BIOS アップデートのための APU 貸出

Impress さんの記事。そんなに古くないマザーボードと、最新の CPU/APU を買って組み立ててみたら、BIOS が対応してなくて動かない、とか、結構不幸な話である。なんとか BIOS が起動できるなら、BIOS のアップデートもできるかもしれないが、全く動かないようだと手の打ちようが無い。

基本的には、買ったショップへ持っていけば、ショップにあるテスト用等のちょっと古めの CPU/APU を使って、BIOS のアップデートをやってくれるはず。ただ、購入を証明するものが無かったりするとどうしようもないかな。通販で中古のマザーボードを買った場合もお店に持っていくのはかなり大変。

そういう意味では、AMD さんの APU 貸出は結構ありがたいかも。一昔前の低スペックのものでいいわけだし。ただ、往復の送料は結構もったいない感はあるが、仕方ないか。どれくらいの日数で送ってくれるか、にもよるが、結構ユーザー思いのサービスのように感じた。

そこまででは無いが、小生も、以前、古いマザーボードにそれよりちょっと新しい CPU を載っけて、その CPU のフル機能は使えないし、BIOS の表示が UNKOWN な CPU になっているまま使っていたことがあった。Windows を起動してタスクマネージャーで見ると、ちゃんと CPU 名が見えるのだが。たしか AMD PhenomII X3 を 780G なマザーボードで使っていた時はそんな状態だった。それでも使っていたが。

CPU が無くても、小さい組み込みの CPU が初めから入っていて、それで BIOS アップデートとかできればいいのに。今時は、チップセット内に ARM とかの CPU が入ってたりするそうなので、難しくないはず? セキュリティを固めるのが難しいのかもしれないが。

Ryzen で PC 組んでみたいな。

最近の LAN カードは便利

*[hard] 最近の LAN カードは便利
先日、2台の PC を接続する必要があったのだが、LAN カードとイーサケーブルだけで、接続できた。素晴らしい。LAN カードは、玄人志向さんの GBE-PCIE4 を購入。1方の PC はすでに LAN に接続しているのだが、その既存 LAN にアクセスできない形で、他の PC を繋いで、ファイルを共有したかったのだ。高い PC (マザーボード)だと、LAN の口が二つあるものもあるが、小生のような庶民の使う PC にはそんなものはない。といっても LAN カードは 2,000円しないレベル。そんなには懐が痛むわけではない。

ちなみに、GBE-PCIE4 を選んだのは、一応スペックの所に、Auto MDI/MDIX の記載があったから。同クラスの LAN カードなら対応している可能性は高いわけだが、多少高くても、その点を一応重視してみた。これがあると、ハブを介さずに直接 PC 間を接続できるはず。ストレートかクロスケーブルかを自動判別してくれるわけだが、これって、両端が自動判別だったらおかしくなったりしないのだろうか、ちょっと気にはなる。今回は、とくに問題は出なかったが。

もう一方の方は、タブレット PC で、USB-イーサーコンバーター経由で接続していたり。こちらは手持ちのものを使った。ちょっとケーブルの取り回しが面倒になるが、もともとイーサの口が無いので仕方ないし、USB 以外に拡張する方法もなし。

ケーブルを繋いでみると、無事それっぽくランプが点灯した。後は、両方の PC に、固定 IP で適当なアドレスとサブネットを設定。例によって 192.168.7.X, 255.255.255.0 辺りを設定。無事、共有するフォルダ等見えた。割りと簡単。

1000Gbps というのは、今となっては、USB3.0 とかと比べると余り早くないわけだが、100MB/s は出るしバリバリに使うのでないのなら充分かな。

そういや、最近は NIC(Network Interface Card)とか言わなくなってきた気がする。気のせいかな。

久々に水中撮影とか

連休中、ろくなことをして無くて、ネタもないので、家族で川遊びにいって撮影したものとか。これまた大したものは撮れなかった。まぁ、気晴らしにはなったかな。

今回もアクションカメラ Q3H-2 に防水ケースを付けて、そこら辺で拾った枝の先にくくりつけて、小川の中ほどに軽く沈めてみた。100 円ショップでベルクロのテープを使うと楽。ちょっと滑って枝から外れそうにはなるが。別の手段で更に固定した方がいいのかもしれない。

Q3H-2 の 8 割くらいは沈めても、Wifi の電波は届いて、スマホのアプリ(XDV)でリアルタイムにプレビューしたり録画の ON/OFF
できるのがなかなか便利。ただ、カメラの画角を調整しようと、ついついスマホを動かしてしまうのには閉口したが。後、枝の先の方に取り付けると、結構水中にカメラが沈まないように、微妙な位置に保持するのがかなり大変。釣り竿を固定するようなのがあればいいのだが、そのへんの石を挟んで支点にできれば、まあなんとか。

水中の魚でも撮影できれば、と思ったのだが、大したものは撮影できず。ゴミとか流れていくだけで… ということで、少し人のいない上流に言ってみたが、カメラを持っていくのを忘れる大ボケ。しかし、GalaxyS8 を持っていたので、あんまりよろしくないと思うが、頭のカメラ部分を水中に入れてみたりして。コレが結構綺麗に撮影できる。ただ、流石に木の枝にくくりつけて、川の中の方とかは無理。

ただ、問題は、一応防水で綺麗な川の水だからその辺は大丈夫として、タッチパネルが水で誤反応してしまうのは、どうしようも無い感じ。だいたいは水面付近に誤タッチが発生するようなので、その辺に重要な操作ボタンが来ないように考えたり。それでも川の水なので波があるので、勝手にズームされたりする感じで結構うっとうしい。

ちょっと日陰で暗かったので、もう少しひなたの時に撮影すれば、もっと綺麗に撮れたかな。まだまだカメラの進化は必要そうだ。

遅ればせながら LINE はじめました

なんとなく LINE はインストールしていたが、全く使う機会が無かったのだが、息子や娘が使い始めたので、仕方なく、家族のグループを作ってそこに参加した。娘は、mineo の格安 SIM で、メールは iCloud を使っていたのだが、携帯キャリアのメールじゃないと友達とのやり取りも結構面倒そう。というか、LINE でやり取りしていることも多いらしい。便利なものには罠もあるわけだが、こういうのは仕方ないだろうか。自分の娘はしっかりしているから、とかいう勝手な安心が問題を起こす場合もありそうなので、ここは、ある程度相手は限定するように約束させるしか無いか。

mineo のデータ通信専用 SIM なのだが、SMS を受け取れるので、LINE も登録できる。ただ、キャリアのメール等が無いと、年齢認証はできないようだ。年齢認証が出来ないと、ID 検索に引っかからなかったりするらしい。一応、家族と友達間のやり取りに限定するよう言ってあるので大丈夫とは思うが、友達の紹介がどこまで広がるかは保証できない。時々は、友達リストのチェックが必要だろうか。まだ中学生だし。

上の息子は、高校生なので、ある程度の分別は有るはず。ちょっと世間知らずな所も無きにしもあらずだが。一応、保護者がフィルタ設定しないといけない事になっているので、高校生用のフィルター設定がしてある。SNS 関係では、TwitterFacebook は駄目で、LINE は OK というのは良くわからないが、世の中的には、そうなのか。そういや、Facebook 自体の年齢制限に引っかかるのか、とも思ったが、13 歳以上 OK だった。LINE の方がクローズドで大丈夫というイメージがあるのだろうか。

確かに、LINE のスマホアプリは、そこそこよく出来ている。メッセージを送ったり、写真や動画を送ったり、友達を追加したり、その辺りに引っかかりが少ない。小生の場合は、妻がすでに使い方をマスターしているという点もあったのだが。起動は遅いのは残念ポイントか。

個人的には、SNSFacebook を使っているので、LINE は家族間以外には広げたくない感じなのだが、今後どうなるか。はてさて。

note

note というコンテンツ販売のプラットフォームがあるのは初めて知った。まだ余り中身を見られていないが、いつくか買ってみた。ビットコイン FX 関係のちょっとしたメモ的なものだが、軽い読み物が手軽に販売できるとしたらなかなか使えそうに思う。実際、結構儲けている筆者の方もいるみたいで、なかなか活況。

コミックやらポッドキャストみたいなのやら写真とか。販売しているのも投げ銭だけ受け付けるのもあるっぽい。結構な読者がいる筆者は、サポートとかどうしているのだろう。ファンレター的なものならいいが、技術的なものとか、筆者が読んだ投資に関する文書とか、色々質問が来て鬱陶しそう。100人レベルならいいが、1000人は軽く超えて、万にいったりしたら、そのうちほとんど読まない人も結構いるにせよ、1% でも質問とか送ってきたらてんてこまいにならないのだろうか。

このブログも、販売したら買ってくれる人はいるだろうか。まぁ、お金を取るなら、もう少し色々とちゃんとしないといけない所は多くて無理か。もう少しテーマを絞るとかしないとなぁ。そもそも自己満足の塊のこのブログがお金になるとは思えないか。アフィリエイトも最近はさっぱりだしなぁ。子供の小遣いにもならないレベル。お金の取れる文章が書けるようになりたいものだ。

Apple 16K VR/AR メガネ

Engadget さんの記事。なんか期待していいのか悪いのか、現段階では良くわからない情報ではある。

Apple 製品だから、というのはちょっと微妙。iPhoneiPadMacBook 以外は、それほど、といった感じが強い。Apple WatchApple TV、Mac Pro とか iMac Pro も。高額だが、品質は高くて、それなりの数出ればいいのかな。

少々スペックが未来すぎるので、実際出てくるのは 2020 年以降になりそう。東京オリンピックが終わってからか。近未来の最強スペック的な事が書かれているが、現実性はあるのだろうか。片目で 8K とか、どれだけ凄いデータ転送量が必要かと思うと少々びびってしまうレベルではある。8K にするよりも、周辺視野は解像度を落とすとかした方が良さそう。というか、視野もかなり広くすると思うのだが、どういったディスプレイにするのかなぁ。Apple さんは、マイクロ LED アレイのディスプレイを開発しているとのうわさもある。うまくいけばそれを使う?

AR ということで、半透明でないといけないのかな、それだとちょっと厳しいか。ハーフミラーに反射させてもいいかも。外から映っている内容が見えるのはちょっと嫌かなぁ。レーザー網膜投影方式が、いいと思うが、8K ができるようになるのは遠い未来だろうな。

WiGig 大好きな小生には、WiGig が使われるかもしれない、というのはうれしいニュースかも。ただ、8K 映像2
本を通すのは並大抵では無理で、WiGig 3.0 とか使われるのかもしれない。低遅延圧縮技術とかも必要かな。90fps か 120 fps も欲しいけど、さすがに未来すぎるかも。

まぁ、まだまだ先の話だし、夢の一つとして待っていることにしようっと。