パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

VR世界を歩くための靴底 Cybershoes

Gizmodo さんの記事。こういう一発ネタ的だが、なるほど、と思わされる製品は好きだ。
HMD を被って、自分で VR 世界を歩く気分になるには、やはり自分の足で歩かないといけない。そのために、全方向トレッドミル的なデバイスが色々出てきている。結構大掛かりな装置が多い。

それに対して、この Cybershoes は、ちょっと高めの椅子と専用のソールがあれば OK というのがお気軽だ。ただ、それなりに周囲には空間は必要そう。多少暴れてもいいように。全方向トレッドミルでも、一番のポイントは、プレイヤーを固定するところかもしれない。腰のあたりを拘束して、装置から出てしまわないようにする必要がある。その点、Cybershoes は、椅子に座っている状態をプレイヤーが自分でキープしていれば OK。完全に立った状態で歩けないのは残念ポイントではあるが。

ゲームをプレイしている映像を見ると、座りながらとは言え、結構楽しそうである。恐らくトレッドミル型のデバイスに比べれば 1/10 レベルの価格だとおもうので、それはそれでありかなぁ。適当な椅子があるかどうかにもよるが。あと、あまり興奮しすぎて椅子から落ちたり、もありそう。椅子にズボンのお尻を貼り付けてしまう、というのが良さそう? 太ももを固定するベルトが2本あればいいだけかな。

VR ゲームを家でも充分楽しめるようになりそうだ。