パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

iOS 11 と 12 の速度比較

gigazine.net

こういう記事は結構興味深いし、日常生活の役に立つ…程でも無いか。結局 OS って、リリースされてから結局すぐにバージョンアップしてしまうので。新機能もあるけど、脆弱性の対応も含まれていることが多いし。

 拙宅では、娘がまだ iPhone5S を使っている。最近バッテリーを交換したので、まだしばらくは使うはず。まだ現役で使えるところは、素晴らしい。発売が 2013年なので、もう 5 年間現役ということか。iOS12 が対応するみたいなので、まだ伸びる。

OS の起動時間とかは、そんなに日常の使用で影響することは無いが、アプリの起動やブラウザの動作が、多少とも軽くなるのならそれは素晴らしい。少なくとも大きく重くなっていないとのこと。

この辺りは、ハードウェアとソフトウェア(OS)が、密接に絡み合っている iPhoneiOS の関係のおかげだろうか。Android も、結局は、各端末メーカーがカスタマイズしているが、最適化という点では今一歩のような気がしたり。もう少しハードウェアの性能を上げられそうな。どちらかというと端末メーカーよりも、SoC のメーカー(Qualcomm とか)頑張って最適化すべきなんだろうか。

複数のアプリを起動しても、サクサク切り替えられて、なかなかスワップアウトされないようにするとか、重いアプリを複数長時間起動していても、挙動が怪しくならないとか、頑張って欲しいところだ。

ただ、iOS も完璧というには、もう一歩(5歩くらい?)足りないイメージもある。不安定さとかメニューのわかりにくさとか、Siri の使えなささとか。使える部分を活用すれば、感動するほど便利なのかもしれないが、小生メインは Android な GalaxyS8 なので…

iOS12 で更に使いやすくなっていたらいいなぁ。はてさて。