パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

Ryzen Threadripper 2990WX が Cinebench 世界記録更新(オーバークロック時)

gigazine.net

AMD ファンの小生としては嬉しいニュースである。

 と言っても、この CPU を使う事はほぼ無いとは思うが。職場で買ってくれないかな…

32 コアで 64 スレッド動作は、もう想像を越えすぎていて、良くわからないが、動画処理関係や 3D CG のレンダリングには、その能力を良く発揮しそうだ。その意味で、Cinebench は、目的にかなったベンチマークとは言える。

というか、32 コアが全て 5GHz を超えるクロックで動いたのだろうか。かなりの消費電力と発熱が想像されるが。

比較対象が 18コア\36スレッドの Intel Core i9-7980XE になっているが、コア数・スレッド数がかなり違うので、さすがにマルチスレッドの処理が効率的な Cinebench のマルチスレッドのスコアに差が出るのは、当然といえば当然かも知れない。

ただ、AMD 社のサーバー用 CPU EPYC と比較すると、メモリアクセス効率・速度や I/O 辺りも少しグレードダウンされているのは気になるところ。この Cinebench のスコア時も、どのくらい効率的に各コアが動いていたのか見てみたい気はする。

5GHz のオーバークロックも、液体窒素での冷却を使った、非実用的なものなので、その辺りをどう考えるか、というのもあり。オーバークロック無しで、ブーストで 4.2GHz まで上がるのは(アクティブなコア数が少ないときだと思うが)、AMD さんとしてはかなり頑張っている気もする。

そろそろ、通常のベンチマーク結果も色々出てくると思うが、なかなかに楽しみである。