パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

「Magic Leap One Creator Edition」発表

Impress さんの記事。なかなか実態がつかめていなかった Magic Leap 社の AR デバイスがとうとうかなり限定はされているが手に入るようになったとのニュース。

 Microsoft さんも HoloLens で、AR にはかなり力を入れていたりしているので、AR もそろそろ色々実用に使われ始めてくるかと思われる今日この頃。長い間秘密を守り続けていた Magic Leap 社の AR デバイスが現実のものとなった。

とは言え、ハードウェア的には、それほど格段に飛び抜けたものには見えない。確かに、プロセッサ部分とメガネ(HMD)部分を分離することで、HMD 部分をできるだけ大げさにならないようにしている(まだまだ充分ではないが)のは、個人的には、好感が持てる。

HMD はシースルータイプということだが、上記の記事のムービーだと、えらくくっきりとした CG の合成映像になっているが本当だろうか。完全に透明な部分はいいとして、CG のキャラクタの部分が完全に不透明になっているように見える。実際には、背景がすけて見えるはず? 透明なクラゲは、背景が透けて見えてはいるが、ここまではっきりと切り替えられるのだろうか。イメージ映像なのかな。

SoC は、NVidia のチップを搭載しているとのこと。どのくらいの性能かは良くわからないが、スマホ用 SoC に比べると GPU が強化されているのだろうか。個人的には、超高速な無線通信経由で、ハイエンド PC を使ってセンサーからの情報の解析・認識や結果の映像レンダリングを行うシステムが、いいように思うが、コストが高すぎて駄目か。こういうウルトラハイエンドな AR システムがあってもいいはず?