パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

SONY 4800万画素のスマホ用 CMOS センサ

ITmedia さんの記事。数字は凄い。スマホCMOS センサなら流石ソニーさん、といった所。

 まぁ、最近は、スマホのカメラ用センサは、サムスンさんやパナソニックさんも色々出してきていたりしているので、ソニーさんの独壇場というわけでもないのかもしれないが。

4800万画素は、最近は、感度重視で 1200万画素とかで、解像度重視で 2000万画素レベルのイメージがあったが、それを倍以上増やしてきているのは、インパクトは大きい。カラーフィルタが、4画素ずつまとまったベイヤー配列になっている(1ブロック 4x4 ピクセル?)のは、なんとなく画素が細かすぎて、カラーフィルターが追いつかない感をだしているような。色解像度は、ちょっと落ちそうだ。

4K で 90fps にもセンサー自体は対応しているらしい。流石に 4800万画素フル読み出しだと 30fps ぽいが。

1/2 型は、ちょっと大きめ? Xperia Z5 搭載のセンサーは 2300万画素 1/2.3 型。一回り小さい。対角 8mm は、薄い筐体のスマホだと、レンズを飛び出させないと厳しいんじゃないかなぁ。

しかし、4800万画素は 8000x6000ピクセル。8K テレビは、その 2/3 の画素数があるのも凄いなぁ。そうか、このセンサーなら、ほぼ 8K 30fps 撮影ができるのか… 時代の進みが速すぎる。実際に搭載された機種が出てくるのが楽しみだ。