パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

マイクロソフト 普及タイプ? 2-in-1 PC 「Surface Go」発表

Impress さんの記事。米国で先に発表されたのでやきもきしたが、日本でも発売されることが発表された。しかし…

 小型で安い 2-in-1 Surface ということらしい。ちょっと ARM かも、と思ったが普通に Intel で Core 系列の Pentium Gold とのこと。ただ、クロックが 1.6GHz で、ターボブーストも無し、というのはかなり非力感はある。まぁ、メモリが 4G/8GB あるので、そこそこ使えなくは無いはず。ただ、8GB + SSD 128GB 版は、1.8万円プラスだそうな。

というか、米国では 399ドルが、日本だと個人向けの一番安いので、64,800円~ というのは、ちょっと哀しい感じ。Office が付いているから、とのこと。まぁ、たしかに、日本人は MS Office 好きだから… 後、1万円安かったら、iPad も蹴散らすかもしれなかったのにって大げさか。

タブレットペンは、SurfacePro と同様のものとか。4096段階の筆圧に傾き感知とか。これは好印象。後は、サンプリングレートは気になるところ。CPU パワーが無いので、複雑なペンでのお絵かきは厳しいかも。まぁ、メモ程度には充分と思われる。

教育機関向けとしては、頑丈さが重要かな。もしくは、クラウドのバックアップから、すぐに新しい筐体で環境を復活できるとか。

とにかく、性能よりも持ち歩きに重きを置いている人には、響く新製品かも。WindowsMS Office がちゃんと使えて、521g でバッテリーも 9 時間。画面解像度が 1800x1200 ピクセルと微妙だが、SXGA を軽く上回るわけで、この筐体の大きさなら充分だろう。

なかなかなまとめ具合で、流石マイクロソフトさん、という印象だが、惜しむらくは、もう少し安ければ、という所だろうか。それでも結構売れそうな気がしたり。はてさて。

お金もないのにハイエンド志向の小生には、やはり Surface Pro ではあるが。