パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

Nikon 光学 125 倍ズーム COOLPIX P1000 発表

Gizmodo さんの記事。高倍率デジカメ COOLPIX P610 ユーザー(壊れたので、元、かな)の小生としては気になるニュース。

 レンズ交換式のカメラなら、大砲のようなレンズを装着すれば、ズーム倍率は上げられるが、レンズが交換できないネオ一眼と呼ばれるデジカメで、ここまでのズーム倍率は、他の追随を許さないというか凄すぎるかも。

これまでの、このクラスのデジカメでの最高倍率は、COOLPIX P900 の 83 倍だった。これでも凄いのだが、今回の P1000 はその 1.5 倍になっている。ただ、カメラの形状も、レンズの鏡筒がとんでもないことになっている。おそらく一番ズームすると、かなり前へ伸びる感じ。そもそも一番縮めても、相当前で出っ張るようだ。ズーム倍率の前には、可搬性とか気にしないユーザー向けかも。まぁ、レンズ交換式のカメラを使っている人たちは、もっと巨大なカメラを振り回していたりするわけだが。

ただ、ズーム倍率だけ高くても良くない。そのズーム倍率分、手振れも増幅されて写る。P900 の評判が良かったのは、手振れ補正が結構高性能だったこともある。手持ちで月の写真が撮れたりするくらい。この P1000 もそのセンスを引き継いでいるはず。まぁ、さらなる 1.5 倍のズーム率に太刀打ちできるのかわからないが。

4K/30p の動画撮影機能がついているのもいいかも。125 倍ズームで 4K 動画というのも、役に立つ場面はありそう。個人的には、60p 撮れないと残念な感じだが。あと、P610 で運動会を動画撮影した際、ズーム速度が1種類しか無かったのが残念だった。P1000 もその辺りは変わらないのかなぁ。ズーム倍率が高い分、困りそうだが。

早く、125 倍ズームの威力を見てみたいものだ。ズーム端での画質とかどんなものだろう。カメラによってはデジタルズーム並みに画質が落ちる光学ズームもあったりするが、nikon さんがそんなはずは無いか。しかし、最大ズームだと、月が画面から大きくはみだす大きさになるのか… 凄いな。価格は 999.95ドルとか。この性能ならそんなに高くない? はてさて。