パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

ナイアンテック AR のための 「リアルワールドプラットフォーム」発表

Engadget さんの記事。デモの映像はなかなか興味深いが…

 はっきり言って、詳細は何も発表されていなくて、なんだかなぁという内容。プラットフォームというのが、一体どういうものを指しているのか、も良くわからない。Apple さんの ARKit や、Google さんの ARCore みたいなものだろうか。少なくとも、iOSAndroid で同じように使えるプラットフォームなら嬉しい所。Unity くらいの OS への汎用性が欲しい。

デモ映像のピカチューが走り回るものは、なかなかにインパクトがある。確かに、多少、歩いている人との前後関係がおかしくなっている瞬間があったりはするが、全体的には、本当に、現実世界にピカチューが走り回っている感は強く感じることができる。ここまで精度が高いなら、実用性あり、と言っても良さそう。

どのくらいの計算能力があると、これが実現できるのか、というのも気にかかる所。普通のスマホでできるのか、DeepLearning の推論アクセラレータ的な機能を持った端末でないと駄目なのか。はたまた深度センサーが無いと駄目だったり? 流石に深度センサーは無いかな。

AR 空間での多人数プレイの映像では、iPhone ばかり使っているのが写っている。テロップでは Pixel2 も使っているようだが。ARkit は使ってなくリアルワールドプラットフォームを使っているのかな? ARkit のラッパーという可能性もあるが。

多人数プレイゲームの方は、まだ技術検証レベルと言った感じで、本当に面白いゲームになる? あまりそういう印象を受けないのは小生だけだろうか。VR でいいんじゃないかとか思ったり。現実のオブジェクトに隠れたりとか、上手く活用するのが AR らしいような。はてさて。