パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

電源 ON 時だけ絵が光る透明ガラス TURN ON THE ART

Makuake の製品ページ。透明なガラスに、いきなり絵が現れるというマジックのような、面白い製品。特に興味深いのは、液晶のバックライトの拡散板の技術を使っているという点。優れた技術は色々応用ができるという例の一つだろうか。

実物を見ていないので何とも言えないが、普段はほぼ完全な透明で、照明を ON にすると、画像が浮かび上がるのは、なかなか幻想的ではある。微かに反対面も見えるが、両面で別の画像を表示できるのも面白い。複数枚重ねて、個別に照明 ON/OFF 制御すれば、アニメーション表示もできそうだ。透明レンズインクで光を拡散させているとのことだが、かなり細かいものっぽいので、解像度も高そう。そうか、RGB 3枚重ねられるなら、カラー画像も表示できるのかな。

透明レンズインクは、照明 OFF 時は、どのくらい見えるのだろうか。じっくり見れば、多少は画像がうっすら見えるような気もするが。また環境光の影響で見えるとかもないのだろうか。ちょっと薄暗い場所に置くのが重要かもしれない。

後、電源コードが組紐だったり、アルマイト加工のフレームとか、ガラス以外も凝ったものを使っているようだ。個人的には、高級路線に持っていきたいのかな、とは思うが、まぁ庶民の小生には関係ない製品なのかもしれない。すでに透明な有機 EL や液晶ディスプレイも出てきているので、そっちの方がいいかな、とか思いつつ。とは言え、こういうユニークな製品は結構好きだ。