パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

全巻一冊 北斗の拳

Impress さんの記事。こんな製品が販売されていたとは。なかなかに興味深い製品である。E-Ink を使った電子書籍で、北斗の拳(究極版)の全巻+描き下ろしを普通の紙の書籍1冊風にまとめたもの。電子書籍と言っても、普通のリーダーのように、コンテンツを入れ替えて色々な本が読めたりせず、北斗の拳だけが読めるというもの。

この目の付け所は素晴らしいと思う。まず、場所を取らないし、途中の1巻だけどこかに行って見つからない、ということもない。電子書籍でありながら、開いたらぱっと読める点は利点。紙の単行本同様、E-Ink の画面は見開き2ページ分あって、それを前提に描かれたページも問題なく(ちょっとページ間の柱が広いが…)読める。300dpi で、かなり解像度も高いし、結構コントラストも高い。

ちょっと残念なのは、価格が高いこと。37,800 円で販売予定とのことだが、そこまでの魅力があるかは、微妙。500g 以上有る重さも欠点だし、カラーもないと。多少の不便があっても、iPad 等のタブレットで読むほうがいいような気がしてきた。ただ、記事中にも指摘があるように、タブレット端末で読む本は、所有できるわけではなく、読む権利を買うものが多いが、これは手元にずっと置いておける。サーバーが無くなっても電池さえあれば読める、というのは大きい魅力かも。

紙の本は、保存状態が良ければ、かなり長い年月読める。恐らく人の人生以上の長さ読める状態にできそうだが、この端末はどうだろうか。E-Ink とか劣化は無いのだろうか。電子回路の寿命も小生には想像できないが。まぁ、子供に遺産として受け継がなくてもいいかなぁ、誰かが何処かで保存している気もするし、自分の生涯、いつでも読めれば。特に老後?

どれくらい世の中に受け入れられるか、楽しみである。はてさて。