パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

FUSION IP Phone SMART で FAX サーバー

以前、自宅サーバーで Asterisk + IAXModem + Hylafax で、FAX の送受信をしていた。拙宅は、@nifty さんをプロバイダとして使っていたので、@nifty さんの IPフォンを、FAX 送受信専用にしていたのが、V6 プラス導入で使えなくなった。恐らく回線的には、ルーターを用意すれば、同じように接続できるはずなのだが、裏技的?なので、サポートしないのだろうか。

FAX を送るだけなら、拙宅ではひかり電話を導入しているので、そちらの回線でできる。ただ、FAX 受信は悩ましい。音声通話と同じ回線を共用するので、切り替えとか考えないといけない。一応、Asterisk を上手く使って、呼び出しを一定時間行った後、FAX 受信か留守電に切り替わるようにしている方もいるっぽい。ただ、小生が導入している Asterisk が古くて、FAX 信号の自動判別もできない(1.6.40 以降?)し、設定してテストしている暇もない。

ということで、他の IP 電話サービスを探してみると、FUSION さんのサービスが、基本料金無料でいい感じである。遅延が大きいといっている人もいるが、FAX の送受信にその辺りは関係なく。通話料も 8円/30秒 と、まぁ、リーズナブル。相手が何でも(国際電話でも)5分間で最大 80 円。

クレジットカードを用意して、早速申し込んでみた。ちゃんとした電話番号も一つ必要で、小生の場合、携帯の番号を登録した。さっそく 050 から始まる電話番号が割り当てられて、それを元に Asterisk の設定。sip.conf と extensions.conf に、以前 @nifty フォンに接続していたのをまねして書き加えた。それほど苦労なく、接続できて、電話をかけると FAX の受信音が流れるのを確認できた。気をつけるのは、ユーザー ID が 050 以降の電話番号になっている点くらいか。

こんなに簡単に電話番号をゲットできてしまっていいのだろうか、と思いつつ、ありがたく使わせてもらうことにする。050 から始まるとは言え、グローバル IP と同じくらい電話番号も貴重な気がするが… そんなに FAX の使用機会は無いが、時々は使って、維持費として料金を払っていきたいかな。