パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

BS 放送 周波数再編等 2018 年 1/4 から

Impress さんの記事。4K や 8K 放送に向けて、放送業界も本気で進めているのが良く分かるニュース。はっきりいって、詳細は良くわかっていないが、色々かわるようだ。

チャンネルごとの周波数の割り当てを変えて、4K 放送用の帯域を用意するとか。現行の右旋回偏波だけでなく左旋回も使うことで、更にチャンネルを増やす。アンテナは両旋回対応のものを使わないといけないようだが、ケーブルは一本でいいらしい。さすがにケーブルの中を通る電気信号に旋回偏波の違いは無いはず。アンテナで、何か高度な対応をしてくれるのだろうか。

拙宅では、BS アンテナを立てているのだが、4K 放送が本格化したら、光ファイバーで配信されるテレビを見るようにしようかとも思う。風が強い日に、ビュービューうなったり、飛んでいかないか心配する必要がなくなるかな。カラスがアンテナにとまる事もなくなるはず(ソーラーパネルへのフン害とか)。

しかし、1/4 から録画がうまくいかなくなる可能性があるとか、ちょっと迷惑な話ではある。拙宅のテレビ受信機器は古いものばかり。うまく対応できるのか、不安ではある。BS はほとんど見ないとは言え、BS11 さんにはそれなりにお世話になっているので、どうしたものか。とりあえずチャンネルスキャンし直してみるか。

チューナーは来年半ば以降らしい。結構先。それまでは、今まで同様試験放送は見られるのかな。新しいチャンネルが増えるなら、それはそれで。たまに、試験放送でも興味を惹かれる番組があったりして。

「新4K8K衛星放送」という名前はなんとかならなかったんだろうか。長いし、イマイチ感がある。もう BS48 でいいじゃん、とか思ってしまったり。というか、未だ、8K の必要性を実感できていない小生。8K が送れる程の帯域を用意するのはいいと思う。その中身は、何に使ってもいい、という感じの規格化はできなかったんだろうか。4K を 4 チャンネルでも 360度 パノラマ動画でも良いし、3Dデータをストリーミングしてもいいかもしれない。ただただ、数字だけ増やすだけでなく、違う方向でも進化して欲しいものだ。ディスプレースメントマップ+カラーテクスチャで放送される番組とか楽しそう。