パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

Windows on Snapdragon

ITmedia さんの記事。でるでる詐欺かと思われていた、Snapdragon 上で動く Windows10 フル版、とうとう実機も発表されて、正式ローンチとなったとのこと。ASUS、HP、Lenovo から搭載製品が出てくる。どれも 2-in-1 な機種。360度画面回転タイプと、キーボード分離タイプがあって、最初から色々選べるのは、いい話だと思う。

バッテリーの持ちがこれまでのノート PC の5倍以上らしい。CPU を含む SoC が変わっただけで、そんなに消費電力が変わるものだろうか。ディスプレイ(バックライト)にかかる電力の割合が結構大きくて、SoC を削っても… という勝手な印象があるのだが。まぁ、画面以外は、ほぼスマートフォンで、筐体も大きいので大きいバッテリーが搭載できる、というスマホ視点から見ると、待受で2~3日持つのは当然、という気はする。

ただ、Windows10 上で重めの Win32 アプリを動かす、とかになると、そこまで Intel SoC 搭載のノート PC とくらべて変わってくるようには思えなかったり。CPU の負荷が小さい時にできるだけ消費電力を落とす仕組みは、Snapdragon の方が何枚か上手のはず。Big と Little の CPU を積んでいるのもあるし。Windows 10 が、それらを十分活用できるようになっているのか、というのはポイントか。発表があってから、かなり時間がかかっているのは、その辺の最適化とか十分できてきたからかもしれないな。スマホのように、サーバーからの PUSH 系通信も低消費電力でできれば、Windows10 PC も新しい使い方ができるようになりそうではある。

もう1つ、大きいポイントは、価格が安くなりそう、という所だろうか。誰がぼっているのかわからないが、Intel Core i 搭載の 2-in-1 PC は、SurfacePro/Book シリーズを始めとして結構高い。少なくとも 1~2万円安いレベルになりそうなのは嬉しい所。後は、実際のパフォーマンスというか、使用感かなぁ。

色々な使い方でのレビューが出てくるのが楽しみだ。