パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

腕時計のボタンが取れた

値段の割にかっこいい、と個人的に思っている、FRANC TEMPS の HUIT(ユイット)をいつも使っている。最初はホワイトモデルが気に入っていたのだが、すぐ塗装が剥げてみすぼらしくなってしまうので、ここ1年以上は、ブラックモデルを使っている。ちなみに小生手首が細いので、ボーイズモデルだ。

もう何ヶ月も時計を合わせていなかったので、ふと気づくと、30秒間近く遅れていて、これはまずいと、時計を合わせようとして、側面に付いているボタンが一つ外れているのが目に留まった。時刻の方は、無理やりノート PC のリセット用に用意してあるゼムクリップを伸ばしたもので合わせたが、防水の観点からも、ボタンをなんとかすべき。そんなに高くない(Amazon で 3000円そこそこ)し、1年以上も使ったので、新しいのを購入してもいいのだが、前に使ったホワイトモデルと違って、塗装も全然欠けていないし、使い続けるべき、と考えた。

ということで、塗装が剥げてお蔵入りしていたホワイトモデルから、ボタンを移植することにした。裏蓋の4つのネジを外して、時計のメイン部分をごそっと取り外す。ボタンを押し込むと、ボタンが外れないように固定しているピンの頭が、内側に出てくるので、そいつをラジオペンチで抜いた。ボタンとバネを外して、ボタンの軸を通して支える円筒形の金属パーツも取り外して、それらを、ブラックモデルの方へ移植した。

そんなに難しい作業でもない。パーツが細かいので、バネとか、飛ばしてしまわないように気をつけるくらい? あっさり交換はできた。ちょっと裏蓋の防水のゴムパッキンが正規の位置からずれやすくて、裏蓋の閉める際にずれてないか気になるが。

折角、2台の腕時計を分解したので、一つホワイトモデルの文字盤周りの文字が印刷されているパーツも、入れ替えてみた。たまにはちょっと雰囲気が変わっていいかなと。

ちなみに、この腕時計は、本末転倒だが、時刻を見るにはあまりふさわしくない。数字の表示のコントラストが低い上に、文字盤の透明カバーが曲面なために、どの角度にしても映り込みが気になることが多く、時刻が読みづらい。それでもデザインがいい感じに思えたので毎日着けているのだが、最近は見慣れてしまって、それほどのデザインにも見えなくなったりして。たまに、いいね、と言われることもあるかな、くらい。

最近、壊れたスマホとか2コ1で使えるようにするのがマイブーム。手ぶれ補正と絞り機構が壊れた COOLPIX P610 も、画面が映らなくなった、みたいな安いジャンク品があれば、パーツ交換するのになぁ。ヤフオクやメルカリを見ているが、そういうのは出ていない。2コ1したい…