パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

Zhiyun Smooth-Q + Apeman A66 で自転車動画

昨日今日と、最安価級ブラシレスモーター3軸スタビライザー?ジンバルの Zhiyum Smooth-Q を使って、自転車ライディング主観動画の撮影に挑戦してみた。こういう用途には、ウェアラブルジンバルの Zhiyun なら Zhiyun Rider-M、他に FeiyuTech WG2 が人気がある。しかし、なぜか小型のこれらの方が価格が高い。Smooth-Q は、TOMTOP で、クーポンを使えば $104 で買えるとか。1週間到着にかかるが、これはお買い得。

問題は、Smooth-Q は、自転車動画の際、どうやって固定するか。自転車のハンドルにつけるのが良さそうだが、地面からの振動をもろに受けそうで躊躇。 できれば以前、A66 のように胸の前に装着したい。人体で、急激な振動等は抑えられるし、立ちこぎで、地面の凹凸の影響を軽減したりもできる。

ということで、胸の前に固定する方法を検討中。今の所良さそうなのは、GoPro 用のチェストマウントハーネスを2本使って、Smooth-Q の一番下の3脚穴を使って、胸の下の方(というか腹)で支えつつ、一番短く調整した方を使い、Smooth-Q の操作パネルの裏の方をミニクランプで挟んで固定する、というもの。ただ、ちょうどいいクランプは見つからなくて、無理やり挟みつつ、面ファスナーのテープで、クランプが外れても落ちないように固定。これで一応、胸の前に固定することはできた。

ただ、実際やってみると、チェストマウントハーネスは、ゴムバンド的な素材で、結構伸縮してしまい、Smooth-Q の重さを支えきれず、結構ゆらゆら振動してしまう(特に上下)。それでも、ジンバルの効果で、撮影画像はかなり安定はするが、やっぱり揺れているのは映像に現れてしまう。そこで、上段のハーネスの上に、好きな長さで固定できる布のベルトを使って、締め付けて固定してみた。余り強く締めると多少肺呼吸がしづらくなるが、かなり安定度があがった。

どちらにしても、ジンバルの効果は多大である。映像の安定度は、いくつか問題はあるので、100点では無いが、見ていてイラッとすることの少ない映像になる。後処理で手ブレ補正を掛けることもできるが、解像度が下がったり画質が下がったりするのを考えると、それだけの価値があると言えるだろう。オススメ。

YouTube に上げると極端にブロックノイズが増える… ちょっと対策考えてみたい…