パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

シャープ AQUOS 8K

Engadget さんの記事。もう家庭用の 8K テレビ(モニタ、かな)が出てくるとは思ったより早かった。しかも 100万円程度とは、これも想像していたのより安い。

とりあえず 70 インチのみのラインナップとか。70 インチで 8K ということは、dpi 的には、35 インチで 4K、17.5 インチでフル HD と言った所。ちょっと大きめの フル HD ノート PC の画面の dpi くらいか。驚くほどではないが、1m とか離れて見るものだとしたら、かなりの解像度と言えそう。というか、PC モニタとしても十分な dpi で使えそう。その場合は 70 インチが大きすぎる気はするが。移動できて、高さも寸時に変えられる椅子と机じゃないと使いにくいかも。

注目の入力端子は、HDMIx4 とか。合理的と言えば合理的だが、4K 対応の太い HDMI ケーブルを更に4本まとめるとか、実用性では疑問を持たざる得なかったりして。ちなみに、送信側と受信側で、4本対応が決まっているのだろうか。間違えないように挿すのがまた面倒そうだ。1年後に発売される 8K 放送用チューナーも、HDMIx4 の口があるか、変換アダプタがあるか。

HDR にも対応し、色域も拡大されていて、8K 以外の基本機能・性能も、倍速フレームレート以外はフル装備らしい。初物とは言え、ちゃんとした製品になっている。

8K のソースが無い現状では、やはり PC との接続が気になる。最新の GeForceRadeon なら、8K 60fps HDR で接続できるのかな。大抵 DisplayPort と HDMI 搭載のビデオカードなので、DisplayPort⇒HDMI 変換アダプタがあればいけるのかな。

家庭用テレビが来たら、次は、家庭用ビデオカメラが欲しい所だが、4K のビデオカメラも、まだまだ 30fps な現状では、8K 60fps なカメラは数年間はで無さそう。信号処理能力的に、小さくまとめるのは無理なのかなぁ。8K に見合うレンズが厳しいのか(そういや初期の HDV カメラは、SD なみに解像度が低い機種もあった…)。

とは言え、技術の進歩は楽しみだ。