パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

ウェアラブルデバイス 装着可能なプール 東急スポーツオアシス

Engadget さんの記事。毎週1回か2回、プールへ泳ぎに行っている小生としては気になるニュースだ。大抵のプールは(とくに公共プールは)、最低限のものしかプールで泳ぐ際に身に着けられない。まぁ、その理由はよく理解できる。他人に危害を与えがちだし、見知らぬ人同士の間で怪我をさせるようなトラブルが起こったりすると、その対処は大変である。ある程度クローズドなメンバーならなんとかなるかもしれないが。小生が学生の頃は、パドルと呼ばれるプラスチックの板を手に装着して泳いでいたりしたが、中高の水泳部の練習だったからできることだった(各人、それなりの経験とスキルがあり、万が一何かあっても、よっぽど酷い状況でなければ、対処可能)。最近は、手袋みたいなもので同じ練習効果を出す道具もあるが。

Apple Watch シリコンベルト、以外のウェアラブルバイスは何が使えるのだろう。多種多様なデバイスそれぞれ、スタッフが判断するのだろうか。といっても今のところ、水泳に役立つのは、あまり無いかな。Apple Watch でもちょっと大きすぎるきらいはある。たしかに、丸っこい本体と、シリコンベルトなら、人にぶつかっても、それほど怪我もさせなさそう。

かなり低い確率だと思うが(そうでもない?)、Apple Watch 同士がぶつかる事故が起こりそうな気がしたり。手首同士がすれ違いざまにぶつかる、とか。小生自身は、指先が当たることは何度か経験があるが、さすがに手首が他の人と当たったことはないので大丈夫かな。

Apple Watch は、実際、水泳用の機能が充実(ターンも検出してくれるらしい)ので、いつも泳いでいるプールでも解禁されたら、買ってしまいそうだ。プールでレンタルしてくれるのでもいいかな。1時間 300円くらいなら借りるが… そんな安くは無理か。