パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

LITTLSTAR 気がついたらバージョンアップしていた

最近、VR 動画は、手軽でいいので(PSVR/PS4 はリビングに置いてある)GearVR で視聴している。久々に 3D ステレオな VR 動画を PSVR で見ようと、LITTLSTAR アプリを起動してみると、いくつか機能が良くなっていた。8/3 にバージョン 1.14 に上がっていたようだ(って以前の番号はわからないのだが)。

実は、そんなに大きく機能が向上している、というわけではない。一つは、最初の読み込みでプログレスバーが表示されるようになったこと。アプリを起動した際、真っ暗な世界で、正面の上の方に小さい星が表示されていて、くるくる回っている。以前は、その星だけだったのだが、その下にプログレスバーが表示されて、現在、どの位起動処理が進んでいるのかが示される。実は、この起動時間(星がくるくる回る時間)が結構長くて、なにかおかしいのかと途中で諦めて PS ボタンを押してしまったことも何度も。プログレスバーで、落ち着いて待てるようになったのは大きい。

もう一つは、早送り、巻き戻し時のステップ幅が細かくなったところ。以前は、かなり大きくジャンプしてしまって(数分単位?)、操作性は良くなかったのだが、バージョンアップで、10秒間毎にジャンプできるようになり、実用性はかなり高まった。ただし、気持ちよく前後に移動できるわけではない。R スティックを左右に倒して操作するのだが、倒してすぐに反応しないくせに、倒し続けているとどんどん進んでしまう、的な挙動。もう少しいい感じにできないのだろうか。

相変わらず 3D ステレオパノラマ動画で 60fps は上手く再生できていない気がする。PS4 Pro なのに。4K パノラマ動画なんて夢のまた夢? 小生が再生しているコンテンツが悪いのかもしれない。いい感じの高解像度で 60fps 再生できる動画を見てみたい。また、3D ステレオにすると、なんか被写体が小さく感じる(人間が人形のよう)動画が多いように思う。わざと、3D ステレオにせず、ただのパノラマ動画として見ると、それほどでも無いのだが。相変わらずその原因は良くわからない。GearVR よりその傾向が大きいような。

世の中に転がっている PS4 専用の動画とかいうのも 1920x960 あたりで作られていたりして。解像度が低い気がする。PSVR のパネルはフル HD かもしれないが、パノラマ動画の一部が歪められて表示されるので、元解像度はもっと高い方が、有機 EL パネルの解像度を活かせるはず。まぁ、映像のデコードの方の能力限界はありそうだが。PS4Pro なら 4K もいけるはず? どうなんだろう。

もっといい感じの動画を見てみたい。