パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

EPSON フル HD 入門用 ホームシアター プロジェクター EH-TW650

Impress さんの記事。テレビでは 4K が当たり前になりつつある昨今、やっとプロジェクターはフル HD が当たり前になってきた。10 万円未満でフル HD というのがもっと普通になって欲しいものだ。上位機種 EH-TW5650 は約 13 万円で、3万円の差額。

スペック上の違いは結構あって、後3万円出せるなら、上位の方を買うべきな気がしたり。3Dステレオ、コントラストやレンズシフト、内蔵スピーカー、Wifi 等に差があるようだ。この差は、3万円以上の価値がありそう。

EH-TW650 の方は、ゲーム向け、というアピールの仕方もしているらしい。遅延や残像は、問題ないレベルに抑えられているのだろうか。明るさは、上位の TW5650 の 2500ルーメンより大きく 3100ルーメン。映画のしっとりした映像よりも、ゲームのようなはでな感じなのを目指しているのか? 個人的には、ちょっと違う感があるがまぁ、ユーザー次第ということで。

ランプ寿命を気にしながら使わなくていいような光源が望ましいと思うのだが、EPSON さんは、4K HDR モデルのレーザー光源は、低価格路線には持ってこないのかな。レーザーは厳しいか。LED 光源ならなんとかなりそうな気も。でも、液晶だと LED の高速点滅可能な性能は活用できないか。ランプにして、本体は安く、消耗品で儲けるプリンタみたいなビジネスモデル、では、さすがに無いと思う。

大画面こそ、4K の価値が発揮される。早く、4K も普及価格帯?に落ちてきて欲しいものだ。