パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

GalaxyS8 で USB3.0 イーサコンバータ

しつこく続けている、GalaxyS8 と WindowsPC のファイルのやり取り方法調査で、また散財してしまった。ここまで来ると、ほんと実用は関係なく?興味を満たすためだけに購入したような。今回は、USB3.0 のハブとギガビットイーサのコンバーターが一つになったような製品。ICZI の IZEC-A88 とかいう。Amazon では、普通に USB3.0 イーサコンバーターを買うよりこちらの方が安かったり。この製品のポイントは、USB type-C のケーブルで生えていて、それで PC 等に接続するところだろうか。MacBook 等で使うことを想定している感じ?

それはさておき、全く動く保証はなかったが、GalaxyS8 に接続して使ってみた。繋いだ途端あっさり認識されて、すぐに使えるようになった。素晴らしい。イーサネットが ON になると Wifi は切れるのかな? で、「ファイルマネージャー+」で、他の WindowsPC とファイルのやり取りをしてみた。結構速い。本体のフラッシュへのファイルコピーなら、500Mbps くらい出て、50~60MB/sec の転送速度になった。GalaxyS8 の Samba のファイル転送が遅いとかいう噂があったが、これを見るとそうでもない感じ?

以前も試した Primitive FTP Server と、NetDrive2 で、GalaxyS8 のファイルを、WindowsPC でドライブとしてマウントして使うのもやってみた。NetDrive2 がすぐキャッシュしてしまうので、実際の挙動は正確にはわからないが、200Mbps くらいは時々出ていた感じ。

とりあえず USB2.0 の速度限界を越えてきているようなので、USB3.0 によるギガビットイーサの活用、という点では、十分使える印象だ。唯一の欠点は、GalaxyS8 にこの製品を繋いでいると充電できない、という点。Qi を使えばいけるのかな? OnTheGo ケーブルで、GalaxyS8 を充電しながら、USB 機器を使えるものもあったような。まぁ、常に繋いで置くものでもないし、みるみる電池が減る、というわけでもないようなので、実用性には問題は無いだろう。

ということで、多少の面倒はあるものの、GalaxyS8 と WindowsPC のファイルのやり取り方法は固まったかなぁ。