パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

アクションカメラで自転車撮影

いつものように先日山道を走った動画YouTube で加工してみた。カット編集と手ぶれ補正(スタビライズ)と、4倍速化。一応 1080p30 の元動画を加工したものw、1080p30 で再生できるのだが、4.3Mbps くらいで、結構ブロックノイズが目立つ動画になってしまっている。ただでさえ、手ぶれ補正で拡大されてしまうので画像が眠くなりがちな上に、この低ビットレートだと、残念感がある。4000円未満のカメラとは言え、もう少し画質は良いのだが。

手元で、無理やり 4K に引き伸ばした動画を作って、それをアップロードして加工すれば、もっと高画質な結果が得られるのだろうか。まぁ、あんまり YouTube さんに負荷をかけるのもどうかという気はする。

もう少し画質良く動画加工ができないかと、調べてみると、フリーなソフトでは Microsoftムービーメーカー2012 の手ぶれ補正の評判がいいようだ。ということで、試してみたのだが、素材が悪いのか操作が悪いのか、うまく手ぶれ補正(とローリングシャッター歪除去)が上手くいかない感があった。超広角の歪んだ動画にはマッチしていないのかもしれない。商用ソフトだと Mercalli V4 SAL+ というのがあって、その効果はかなり素晴らしいのだが、4万円以上するのは、ちょっと手が届かないな。4 万円あるんだったら、ジンバル買ってしまいそう。

Amazon って、ある商品を買うと、同じカテゴリの商品をおすすめしてくる(普通一つ買ったら、同じようなものは買わない可能性は高いと思うのだが…)。今回オススメの中にあった


は、ちょっと Apeman A66 を買ったのを後悔してしまいそうな商品だった。4K Wifi 対応で、ケースとバッテリーがもう1つ追加で、5,280円。千円ちょっとの値段差で、ここまでとは。小物も同様に色々付いているし、画面も 2 インチで大きい。充電器も付いている(個人的にはいらないが)。評価も高いし、これはちょっと早まった感強し。

まぁいいか。今のところバッテリーで困ったことも無いし。と悔しさをごまかしつつ。