パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

Panasonic TOUGHBOOK 2-in-1 CF-33

Impress さんの記事。最近は 2-in-1 PC が出ているとは言え、この TOUGHBOOK は異色も異色な製品。見るからに頑丈そうなパソコンである。それでいて、2160x1440 の高解像度液晶ディスプレイ搭載で、タッチやデジタイザペンも使える。Engadget さんのレポートを見ると、90Kg のタイヤで上を通ったり(実際の自動車は 90Kg じゃ効かないと思うが)、氷漬けの状態から Windows を起動したりとか、ほんととんでもない製品を Panasonic さんは、開発するなあ、といった印象が強い。

TOUCHBOOK と TOUGHPAD で 2017 年は 5 万台を売るそうな。結構売れている。ここまでの頑丈さで 47 万円なら、納得しなくもない。これくらいは売れる需要もあるということだろう。軍隊とかで導入しそう。Let's Note で軽さも追求しているだけあって、TOUGHBOOK も十分軽いように思う。

バッテリーも 12.5 時間持つとか。オプションで 25 時間。しかも二つバッテリーを搭載できて、稼働しながら交換できるとか。まさにアウトドアで使うための PC といった感じ。砂埃が酷いところでもバッテリーは交換できるのだろうか。その辺りも強靭だと素晴らしいが。1200nit の画面もかなりの高輝度。懐中電灯の代わりになったりして。まぁ、指向性は無いけど。最大輝度だと流石に、バッテリー持続時間は減るんだろうな。でも数時間は余裕で持ちそう。

純粋な PC としての性能も申し分無さそうだし、ある意味最強の 2-in-1 PC である。水中でも使えたりすると面白いが、流石に色々厳しいかな。後は、衛星データ通信装備とかだと、もう最強すぎるかも。