パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

任天堂 Switch で一般向けプログラミング環境 FUZE Code Studio

Gigazine さんの記事。昔は、ゲーム機で一般向けに開発環境、というのは少々グレーな世界というイメージがあったが、最近は、発売されて間もないハードウェアにもこういうプログラミング環境のを提供する時代になってきたんだという印象がするニュース。XBox は、WindowsPC にかなり近づいてきていて、ソフトを開発できるし、3DSWiiU でもプチコンでプログラムを書ける。こういうのが出てないのは、Sony Playstation だけか。

小生も昔、SaturnBasic でゲームを作ろうとして、途中で挫折してしまったが、大昔 PC-6001 でゲームを開発していたのを思い出して、また何か作ってみるのもいいかも、とか思ったり。ただ、今なら iPhoneAndroid 用に開発した方が、いろんな人に遊んでもらえそうな、競争相手が多すぎて無理そうな。

この FUZE Code Studio も、プチコンあたりを引き継いで BASIC 系の言語だそうな。具体的にどんなものかはわからないが、そんなに BASIC ってわかりやすいのだろうか。BASIC の BASIC たる所はどこにあるのか、とかちょっと考えてしまったりして。予め割と多めのキーワードがあって、それを組み合わせてコーディングする言語、みたいなところ? ブロック構造を明確に書かない所?(Visual Basic はそうでもないが)。

それはさておき、SWITCH の特徴的なコントローラーを使ったプログラミングができるのなら、ちょっと楽しいかもしれない。その辺りは、入力装置としてタッチパネルがほとんど、というスマホとは違うものが作れそう(スマホも、ジャイロや加速度センサが使えるが)。

3Dグラフィックス関係とデバッグ系の機能が揃っているかは気になるところ。このあたりが充実しているなら、面白そうだが。はてさて。