パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

HP 3Dクリエーター向け? PC 「Sprout Pro by HP G2」

Impress さんの記事。ここまで色々なものを詰め込んだいい意味で変態的?な PC は初めてだろう。3D スキャナとプロジェクタ投射タッチパネル画面もついていると。プロジェクタがフル HD の DLP な所はちょっと尖った仕様に思える。プロジェクタと言えば、レベルの結構高いモデルで DLP のフル HD というイメージ。PC におまけに載せるグレードではないかなと。HP さんの本気度が窺い知れる…

実は、Sprout 自体は、米国では 2014 年に発売されていたらしい。その時はプロジェクタは XGA 解像度だったようだが。それから 3 年。日本でも「Pro」が付いたパワーアップ版の Sprout が発売されるということらしい。

3D スキャンの際、プロジェクタでパターンを投射して取り込むこともできるのだが、Intel の RealSense3D を搭載していて、普通の照明で3次元形状が取り込めるので、プロジェクタはそのためには使わなくてもいいのかな。

これに 3D プリンタが付けば万能感があるが、さすがに現状進歩が著しい 3Dプリンタを内蔵してしまうと、陳腐化も早そうなので、それはやらないほうがいいか。

GPU がちょっと非力なのが残念なところか(GeForce® GTX 960M 2GB GDDR5)。3D スキャンしたハイポリゴンな 3D データを色々いじるには、GPU パワーも使った方が良さそうには思える。更に、フル HD 画面を2面ハンドリングしないといけないし。

なかなか面白い PC ではあるが、全部入りというのは全部中途半端、という可能性があるのが難しい所。プロが使うなら、それぞれの機能がハイエンドなものをそれぞれ導入した方が良かったり。学校とか、プロでもアイデア出しやプロトタイピングにはいいのかもしれない。それだと、もう少しグレードを落として安くする方向性もあるかな。意外にいいバランスの落としどころかもしれない。

こういう PC の発展もなかなか興味深い。