パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

NVidia MAX-Q Design

4Gamers さんの記事NVidia さんもディープラーニングに注力しつつも、PC ゲーマーニーズへも対応しているとのこと。この Max-Q Design に込められた技術で、ビジネスノート PC サイズ(特に厚み?)の中に、ハイエンド GPU の GeForceGTX1080(ただしノート PC 用?)を搭載するという離れ業を一般化しようとしているようだ。

個人的な印象では、やはり発生する熱を如何に排出するか、という所が、Max-Q の最大のポイントかなと思える。消費電力もかなりのものになりそうだし。AC アダプタは、かなり大きいものが付属しそう。というかバッテリー駆動も可能なんだろうか。結構な容量のバッテリーを積んでも、ゲームをすると1時間程度しか持たない、なんてこともありそうな。

すでに ASUS から MAX-Q Design にのっとった、ROG ZEPHYRUS が発表されているらしい。Gigazine さんの記事。キーボードが手前にあって、テンキー部がタッチパッド共用になっているぽいのがなかなかにユニーク。やはりゲーマーには高性能マウス必須ということだろうか。

ということより、4コア Corei7 や GeForceGTX1080 搭載しつつ、15.6 インチ画面で 17.9mm 厚みの 2.24kg。これなら、なんとか持ち運ぶのも非現実的じゃない感じ。VR も余裕そう。

昔は、高性能 CPU や GPU は消費電力が高くて、爆熱、とか言って限界が見えていたものだが、同消費電力で、性能が上がるだけじゃなく、電源供給や冷却がパワーアップして、軽く倍の消費電力でも薄型ノート PC に詰め込めるようになるとか、なんかそれでいいのか、感も無きにしも非ず?

個人的には、もっとエコで高性能な PC がどんどん出てきてほしい所。はてさて。