パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

なんでもタッチパネル Electrick

Engadget さんの記事。特に、最近の技術を使わないと実現できないようなものではなさそうなのだが、そういえば、塗るだけでタッチパネル、というのは無かったように思う。

導電性の塗料を塗って、その周囲に何箇所か電極を付けるだけというふうに見える。それだけでそこそこの精度のタッチパネルになるようだ。立体的な曲面上もタッチパネルに簡単にできるのはいいかもしれない。それなりの数の電極が必要なのがデメリットだろうか。

精度の方は、思っていたより優秀な感じだが、さすがに、すっとスワイプした軌跡がガタガタしているのは仕方ない所だろうか。各電極の電位差を色々な場所をタッチして学習させれば、それなりに精度は上がりそうな気がするし、後からの補正も重要なはず。

シールとか貼っていても、それがタッチボタン的に動いている例があるが、このシールは導電性なのだろうか。白い壁もタッチパネルにしているし、表面の色とかは色々好きに選べるのだろうか。全くタッチパネルに見えない表面、がタッチパネル、というのは結構そそる感じ。

そういや超音波系のタッチパネルもあったような。うまくやれば、こういう曲面上のタッチパネルも出来ないのかな。原理は良くわかってないが。こういう技術で色々面白くて便利なガジェットが色々出てきてほしいものだ。