読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

メディアプレーヤーが 3.00 にバージョンアップ

PlayStation®.Blog の記事。今回のポイントは、PS4Pro で、4K 動画の再生ができるようになったことらしい。小生は、4K テレビは持っていないので、PSVR で 4K の 360度動画が再生できるようになった点に注目。

ということで、USB メモリに YouTube から取ってきた 4K で 360度な動画をメディアプレーヤーの VR モードで見てみた。例によって、USB メモリの直下ではなく、一つフォルダを掘った中に、mp4 な動画を入れる。ネットワークの調子に関係なく安定して再生できるのがありがたい。が、感想としては、4K といってもこんなもの?というもの。正確には 3840x1920p30 な動画で、一応水平はほぼ 4K で結構な解像度。とは言え、もともとの撮影時の解像度があまり高くないっぽい & 圧縮ノイズも結構気になる所。もう少しいい動画は探せばあるかな?

もっとも 360 度で 4K ということは、実際に視野にはいるのは 1000ピクセル程度。両眼でフル HD な PSVR だと、おおよそ見えている画素とほぼ同等といったところ。たいして解像度は高くない。PSVR でも、表示パネルより高解像度なソースがくれば、微妙な頭の動きがあった際に、パネル以上の解像感を感じる場合もある。4K 以上のソースが来て欲しい所。

特に、今回のメディアプレーヤーは、3D ステレオ非対応だが、サイドバイサイドやトップボトムな動画等だと、更に水平や垂直解像度が半分になるので、動画としての解像度は 6K とか 8K が欲しくなる所。流石に PS4Pro といえどもそこまでの解像度の動画のなめらかな再生は無理かな…

今回の発見としては、180度なサイドバイサイドの動画をメディアプレーヤーで再生しつつ、横を向いた状態で視野方向をリセットすると、左右の目用の映像が、前後180度ずつになるので、片目分が前方180度分として見られる。これはこれで、気持ちの悪い両眼視差が無くて見られるのでいいかも。LITTLSTAR アプリで3Dステレオで見るより目が疲れないかも。