読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

焦点距離も調整される VR 用 HMD

AVC hard

Impress さんの記事。こういう技術には期待してしまう小生。HMD で、現実の視界を再現するのに、現状の HMD (Occulus や PSVR とか)だと、足りない要素が結構ある。焦点距離の問題もその一つ。(仮想的に)近くのものを見ても、遠くのものを見ても、目の焦点調節機構は、現行の HMD で見ている限り一定である。現実世界のように、近くのものに焦点を合わせていると、遠くのものがぼやけたり、その逆の状況に なったりはしない。

そこで、こういった焦点距離を調節できるレンズを導入した HMD があれば、そういう焦点距離による現象を再現できる。アイトラッキングで視線の先を推測して、そこにある物体への(仮想空間での)距離を求めて、それにあわせて、レンズの焦点距離を調整する。現実世界のように、その距離でピントがあうべく目の焦点を調整したさいに、HMD でもピントが合うように。

その時、視線の先の物体 A 近くに、別の距離の物体 B がある場合、その物体 B にもピントがあってしまう問題がある。合焦という点では、同じ距離にあるように見える。そこで、B の表示をぼかして、ピントがあっていないように表示すれば OK。実際には、アイトラッキングで視線方向を見るだけでなく、目が、どれくらいの距離にピントを合わせているかも拾って、それに合わせてリアルタイムで、表示のぼかし方を変える必要がある。が、そこまで対応した製品が出てくるかはわからない。

そこまでやると、現状の HMD より更にリアリティが上がりそうだ。小生のようなメガネな人も、メガネ無しで HMD が使えるのは非常にありがたい。まぁ、逆に HMD の付け外し時に、眼鏡も付け外ししないといけなくなるが… HMD のレンズをより目の近くに持ってこられれば、視界を広げることもできそうなので、やはりメガネいらずの方がいいかな。

ということで、実際の製品が出てくるのが楽しみだ。