読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

PSVR で YouTube 360度動画

AVC net

どうも風邪を引いてしまったらしく、体がダルイのと頭痛がするので週末ずっと寝込んでいたのだが、寝続けているのも暇なので、PSVR の体験版ディスク(USA 版)を引っ張り出してきて、まだやってなかった奴を試したり、YouTube VR 版アプリで動画を色々観てみた。

ただ、どうも YouTube の 360度動画は、ぼやっとしたものばかり。動画を選ぶ画面に並んだいるのには、4K とかマークが入っているのだが、再生される動画は、4K ぽくない。ものによっては、ブロックブロックした動画だったり。

オプションから PC と同様に詳細統計情報を、PSVR の YouTube アプリでも表示できるのに気付いた。そこには、Dimensions と Resolution が表示される(他にもコーデックや、リアルタイムでデータ受信速度なんかも)。色々動画をみてみたが、Dimensions は 1920x1080 しかなかった。Resolution の方は、1920x1080 とか 2560x1440 の時もあった。これってどういうことなんだろう。

ダウンロードしている動画は 2560x1440 ピクセルのもので、それをデコードして縮小して 1920x1080 にしてから PSVR に送っている、とかそういうことなんだろうか。PS4 本体は PS4 Pro なので、一応 4K のデコード能力はあるはず。もしかして、4K テレビを接続していないと 4K デコードにならない…とかは無いか。PSVR は 1920x1080 と認識されていて、Resolution が 2560x1440 でも、1920x1080 より高解像度な映像にはなる、ということか。

実際、ほとんど静止画の背景の中に、一部仮想スクリーンがあってその中で動画が再生される系のもので、背景は結構解像度が高いものがあった。それを考えると、拙宅の通信環境が悪くて、4K 動画まで転送速度が上がっていないのだろうか。他の PS4 Pro+PSVR なユーザーの方はどうなんだろう。

ちなみに、コーデックはほとんどが VP9 の様子。もう MP4 は時代遅れなんだろうか。VP9 はハードウェアデコード効いているのかなぁ。あんまり GPU で対応しているの見てない気がするのだが。現状 CPU デコードか。

良くわからないことばかりだ。