パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

PlayStation®VR YouTube アプリ が対応

PhileWeb さんの記事。先日、日本以外で PS4 の YouTube アプリが PSVR に対応した、とのニュースを見て、時々 PlayStation®Store を覗いてみたりしていた。バージョン 1.09 から対応したらしいのだが、今日も、色々見ていると、香港の Store でバージョン 1.10 が公開されて、もちろん PSVR にも対応、というのがあって、日本では?とひとまずスマホで Store へ行って、YouTube アプリを購入(0円)して、ダウンロード指示しておいた。

自宅に帰ってから早速 PSVR を被って YouTube アプリを起動。VR 版にするかどうか聞いてくるので当然そちらを選んで起動。メニューに 360度の選択肢がある。で、巷で噂になっていた? 攻殻機動隊のムービーを観てみた。検索で「攻殻 360」とか入れて見つけた。最初異常に解像度が低くて、なんじゃこりゃという状態だったが、しばらくするとだんだん解像度が上がってまともに見られるようになった。360度画像(後ろは無いので 180度かな)で3Dステレオな内容だった。かなり立体感もあってなかなか良かった。ただ、解像度は Max でももう一歩欲しい感じだった。4K までは上がっていなかったのではないだろうか。PS4Pro の限界なのか、コンテンツ側の限界だったのか。良くわからず。

2回めを再生始めた時は、最初から高解像度だった。通信回線の速度を測るまで少々時間がかかったということか。ちょっと全裸の女性のシーンは、家族のいるなかで PSVR 被っているのでちょっと焦ったりして。テレビを点けられると、ばれてしまうし。まぁ、堂々としていた方が良いかな。

他にもたくさんの動画があるが、英語のものが多いし、3Dステレオじゃなかったり、かなり解像度が低め(圧縮しすぎ?)感のあるものも多い。とは言え、大量の動画がありそうで、まだまだ楽しめそう。

ちょっと気になったのは、3D ステレオなコンテンツで、両眼視差に違和感を感じる場合が時々あること。攻殻のものでも、自分にかなり接近した物体の立体感がおかしくなる。視差が付きすぎているのだろうか。中には、視差が逆転してしまうものも有ったり。これは映像の作り方が悪いのかも。しかし、未だに 3D ステレオな全天球動画を作る方法が良くわからず。頭を傾けたらどうなるのか、とか。両眼位置は水平前提かなぁ。