読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

Panasonic 有機 EL テレビ、HMD

hard AVC

Impress さんの記事西川善司さんは映像にはかなり詳しく、かつ素人でもわかりやすい文章を書かれるので、なかなか興味深く読ませてもらった記事である。というか、パナソニックさんもなかなかユニークな開発を行っていて、日本のメーカーもまだまだ捨てたもんじゃないなぁという印象の記事。まぁ昨年も、透明有機 EL テレビとか出していたわけではあるが。

有機 EL テレビは、Sony さんと同様 LG のパネルを使っているということで、そのコントロールや味付けがそれぞれ違うということだそうな。パナソニックは、色再現性や階調性を重視しているとか。対して Sony は綺麗に見せるところに力点が入っているように感じた。同じパネルを使っていても方向性は色々ある。もちろん、基本的な性能の部分は一定ラインをクリアして、その上の積み上げ部分の話かな。

日本びいきという訳ではないが、おそらく LG 電子の販売する有機 EL テレビより、日本人に合っているだけで無く、パネルの使いこなし?も上回っていてもおかしくないかも、と思ってしまったり。

HMD は、同様の製品は色々出ているが、これまたユニークなものになっている。水平 220 度の視界と4枚の液晶パネルを使っている、というのがなんとも凄い。ハイエンド PC や Occulus 等を揃えている人なら、多少高くても買う人がいそうだが、基本業務用として展開されるのは少し残念。個人的に、勝手に HMD は有機 EL がいいのかな、と勝手に盲信しているのだが、曲面にもできる所と、画素が緻密な所とか、こういう視界を覆い尽くすためには最適かなと。もちろん反応速度が高い利点もあり。曲面の画面にして、光学系が設計できるのかは良くわからないが。専用のコンタクトレンズを着けて使う HMD とか出たりして。あ、特許とっておくべきだったか。なんて。