読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

HDMI 2.1 発表

standard AVC

Impress さんの記事。技術はどんどん進んでいく、ということで HDMI も次の世代に移行していくらしい。とりあえず 2.0 の時のデータ転送速度 18Gbps が 48Gbps までジャンプアップするとか。これにより、8Kp60 とか 4Kp120 とかが転送できるようになる。

気になるのは、その信号を通すケーブルの方だが、各メーカーは何か物理的な改善点等が見えているのだろうか。HDMI2.0 でも、良質な HDMI ケーブルで無いと 4Kp60 が映らなかったりするそうなので。48Gbps を通そうとするとかなり工夫が必要そう。イーサケーブルのように、撚り線とかシールドとか、多重シールドとか、信号の多値化とか、そのあたりを入れてくるのだろうか。なんかケーブルが太くて固くなりそうな。

Dynamic HDR とか、可変リフレッシュレートとか、多ビット信号とか、データ転送速度に余裕があるので、色々規格に載っけてきているらしい。完全互換な機器を作ろうと思うと大変になってきそうだが、大丈夫なんだろうか。全対応のチップが出来てしまえば、コストは関係なくなる? まぁモニタ側は、表示部分が対応していないと意味が無いわけではあるが。

さて、8K HDR 120fps が普通になってきた時、映像業界は次に何を持ってくるのだろうか。ホログラム映像とかライトフィールド映像とかボリューム画像とか? あんまり全情報を載っけてしまうと、これまでの映像表現のような、情報を限定することによる演出ができなくなってしまう。どの方向へ進んでいくのだろう。