パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

Laser Beam Pro C200

小生 UO Smart Beam Laser LB-UH6CB のユーザーである。某オークションで安く買えたのがラッキーで、今まで持ち歩いたり、自室のスクリーンに投影したりして、かなり楽しんでいる。時々固まったり、HDMI の信号を認識しなかったり、ちょっとじゃじゃ馬なところもあるが、フォーカスフリーで使いやすい。もう少し明るければ、とは常々思っている。

後継機種というには、ちょっと毛色が違うが、同じレーザー光源を使ったミニプロジェクターが、この Laser Beam Pro C200 だ。 製品ページには、Laser Smart Pro C200 とかかかれているがどっちなんだ。それはいいとして、1366x768 の解像度とか。ノート PC では良くあるが、プロジェクタでは珍しいような。大抵、1280x720 か x800 かという所。微妙に解像度が高くていいかも。

サイズは、14.0 x 7.4 x 1.9 cm 程度で、ちょうど小生の持ち歩いている HTL23 より底面積が微妙に大きくて少し厚い程度。それで 200ルーメンの明るさで、6300mAh のバッテリー搭載だそうな。Android OS も載っているそうで、なんかすごい。メモリは 1GB しかないが、スマホじゃないので、そんなに色々なアプリは動かさないかな。

LB-UH6CB 同様、microHDMI や miracast, AirPlay で色々なデバイスからの映像を映せるし、内蔵の AndroidOS に、Netflix のアプリ等入れれば、本体だけで再生できるっぽい。

もう一つ、LB-UH6CB と比べて素晴らしい点は、ヘッドホン端子があること。これで、スマホを繋いだ際に、音は別に出せる。PC だと音声は HDMI 以外から出せるが、スマホでその辺りの設定ができない場合も多いので。

$485.00 でちょっとお高いが、これで LB-UH6CB より倍明るいなら買いのように思う。 eBay だと 57,241 円か。円がもう少し高くなった時に買うのがいいかも。ちょっと変わった解像度なんで、パネルの性能が気になる所。LCOS 系かな? コントラスト値が書かれていないのがちょっと心配。