読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

電動歯ブラシ修理 Panasonic Doltz

小生、かなり長い間 PanasonicDoltz を使い続けている(妻も)。と言いつつ、結構長持ちするので、結婚してから2台目。1代目は、ブラシを取り付ける部分あたりのゴムが剥がれてだめになった。2代目の EW-DE20 は、まだまだ元気に動くのだが、電源ボタンの調子が悪い。力いっぱい押し込まないと電源が入らない感じ。小生、今年、右人差し指を骨折したので、まだ握力が回復していないせいか、とも思っていたが、妻に訊いても、かなり力を入れないと電源が入らないらしい。

ということで分解してみた。そこのネジを外してフタを開けると、無線給電のアンテナがあって、その奥に白いプラスチックのパーツが、左右二つの爪で、外殻に引っ掛けてある。この爪を二本の精密ドライバーを使って外しつつパーツを引っ張ると、中身がスルッと引っこ抜けた。とりあえず、色々汚れが溜まっている所を軽く掃除して、電源ボタンの中身のスイッチを押してみると、特に問題なく ON/OFF できる。

で、電源ボタンの外側である防水用のゴムパーツの裏を見てみると、ちょうど電源スイッチが当たる部分が削れて穴になっている感じ。確かにこれだとゴムパーツを押し込んで電源スイッチを押すのは至難の技かもしれない。というか、微妙にゴムが溶けた感じになっているようにも。まぁ、何度も ON/OFF している間にゴムが削れたと考えるのが順当かな。

穴を埋めるのが一番良さそうだが、ゴムパーツを外殻から外す方法がわからず、外さずに筒状の外殻の内側に何か処置を行うのは無理そう。ということで、電源スイッチにメンディングテープをかぶせるように貼って元に戻した。強度も耐久性も無いが、これで結構電源ボタンの反応が良くなったので意外。まぁ、すぐにテープが破れてしまいそうではある。もう少し丈夫な素材がないか考えてみよう。もう少し丈夫なフィルム状のものがいいかな?